母の深い愛

実家の職業柄、初詣に神社にお参りにいく習慣などなく育った。それどころか、クリスマスの習慣もなかったのだが、人とは恐ろしいものだね。自分基準なので、この前会社で、うちらの年代はクリスマスプレゼントどころかサンタ信じる信じないもなかったですよね〜アハハ笑と大口開けて笑っていたら、年齢の近い主任も係長も、いや、小学生頃まではサンタからプレゼント貰ってたよ、と仰る。

 

ギョッとしてどこか冷めてるカイコくんならサンタにプレゼントもらってなさそうなので(←すごい偏見)、カイコくんはサンタなんて信じてた?プレゼント貰ってた?と聞くと貰っていたというではないか。なんとまあ、つまりだ、クリスマスの習慣がない方がマイノリティだっと齢40越えにして気が付く。

 

それはそうと私も人並みに人のマネでもしてみようと、初詣に行くことにした。いつぞやどこからの帰りに国道から見えたあの大きめの鳥居の所に行ってみよう。

 

私は世間知らず常識知らずなのは兄弟姉妹のお墨付きである。同じ世間の風習にあまり触れずに育ったとしても他のメンバーはちゃんと世の中を見て生きて来たが、悪いが私は宇宙の星ばっかり眺めてぼんやり妄想の世界で生きていたので、その分マジで世間知らず常識知らず。仕方あるまい。私は人間世界という小さな世界で生きていないのだ。宇宙規模で生きているので、小さな事は全然気にできぬ。ガッハッハッ。と、言いつつ大口はたいていたら正社員試験で常識知らずが露呈し死ぬほど恥ずかしい指摘を受けるハメになったので深海より深くマグマだまりを抜けて地球の裏側に飛び出てサンバを踊るくらい、今は反省している

 

ということで上記の理由から我が子供達を私のような常識知らず世間知らず礼儀知らずの妄想宇宙人にしてはいけないと、世間の風習を学ぶ為にも初めて初詣に行った。長男が妄想宇宙人の息子らしく自作の小説、12冊目に突入しているらしいが8冊目まではあまりに下手すぎて手直しが必要だと、この前わたくしに言ってきたが、腹を抱えて笑う所を必死で耐えて、うん…頑張れ、と親として優しく応援してあげたのだ。やはり世間の風習・常識などを学ばせておかないと、息子も私側の妄想宇宙人こじらせ大人になってしまう。現実を見ろ!!

 

と、神社に行く前に少し大きめの古墳によったら、かーちゃん、スマホ貸して。小説のネタになりそうな景色だから写真撮っておく。と、のまたったんですわ奥さん。聞いてます?そこでも床に転がって笑いたい所を、グッと堪えてスマホ貸してあげた母の愛を誰か褒めてくれ。

 

神社のよく分からない神様、どうか長男の小説熱を勉学へ向けてくださいまし。小説12冊も書いてる割には、よくこの成績でいられるなあ、と感心する底辺成績なので、このままでは行く高校がありませぬ。よろぴく〜

 

よし、お願いしといたからこれで高校はモーマンタイ。妄想宇宙人なのであまり息子の成績の悪さにも深刻になれない、あたし。宇宙規模だから小さい事は気にならんばい。