書道家

次男坊がゲームを父親に禁止されているのだが、1ヵ月色んな約束事をキッチリ守ったら月末の土日にのみゲームをやらせてもらえるらしい。しかし次男坊が、1ヵ月散々我慢して努力してたった2日だけなら、僕はもうゲームはやらない。努力するの嫌だからと堂々とのたまう。

 

そうなのだ。私も全くそのタイプだ。何か大きな目標の為にコツコツ努力する事が苦手だ。今やりたい事を我慢できないので、本当にやりたいちょっと先の事にたどり着けない。目の前にぶら下がる大好物人参より口元にあるいつもの干草を食べちまうのだ。干草我慢したら人参食べれるって、そんなの諦めてフツーに干草食うわ。それから人参はどんな悪どい手段を使ってでも手に入れるわ。という腐った根性はあるが真っ当な努力はできない。

 

そんな次男坊、僕は書道家になるといきなり言い出し最近は来る日も来る日も書道道具を傍らに文字を書きまくっている。そして自分の字を自画自賛している。こういう無駄な努力は惜しまないんだよなあ。無駄無駄無駄無駄!ってアホっぽい無駄な事するのは私も嫌いじゃないから好きにやらせているが。

 

これも一時の流行り病のようなものだと、床に散らばるばらかもん(書道漫画)を見て思う。影響受けすぎかよ。ま、私もめちゃくそ影響受けるタイプだが。

 

天空の城ラピュタテレビで初めて見た時はシータの秘密の名前を暗記してブツブツ呟いていたので、母親に何ボソボソずっと呟いてるの?大丈夫?と心配された記憶がある。

 

次男坊の書道家なりきりも私の、る、しーた、とえる、うる、らぴゅた、と同じと思えばいくらか次男坊の方がマシに思えるな。

 

とりあえず、頑張ってくれ。書道家