久しぶりの日記

子供達が西の菩薩祖父母の家に1週間遊びに行っているので、家事がすこぶる楽である。5人分の洗濯物が2人分。食事作るもの2人分はなんと楽なのであろう。それなのに残業で遅いので思ったほど子供のいない時間を満喫できていない。

 

初日にカイコくんととつけ麺を食べに行ったくらいだ。死ぬほど仕事の愚痴を浴びせてカイコくんにとっては美味しくないつけ麺になったであろう。汁に麺をつけてるというより私の仕事の愚痴につけて食べてるようなものだ。私はつけ麺初体験な上に言いたい事を言いまくったのでスッキリしたけどな。

 

家に帰って雀の米さんにキャベツや瓜を食べさせる。ピエ蔵は好みが色々あって野菜はあんまり食べてくれなかったけど、米は何でも食べてくれる。その代わり米さんはお触り禁止だ。ぜんっぜん撫でさせてくれない。ピエ蔵さんは手の上でリラックスしてナデナデさせてくれたのに。

 

あと少しでお盆休みだ。楽しみだ。これを書きながら今日の朝ドラの録画を見ていたら、主人公のすずめと近所のおじさんが話しているシーンが出てきた。すずめ役の女優さんは指導された不自然な岐阜弁を話しているのに対しおじさんは地元のエキストラのおじさんなのだろうか。ものごっついネイティブな発音で岐阜弁話すがな。

 

何か恥ずかしい。わたくし常々標準語話している思い込みがあるのだけど、こうも鮮やかにネイティブとネイティブじゃない人の会話を目の当たりにしていると、私も天上界語のネイティブである事を思い知らされる。

 

でも、このおじさんの話し方懐かしい。さすがの私もこんな天上界語は話せない。おじいちゃんや近所のおじさん達の話し方がこうだったな、と思い出される。

 

気が付かないけどやはり少しずつ話す人も減っていって話されなくなる方言もあるのだろうな。標準語ばっかりになったらそれはそれでつまらないな。