無駄無駄無駄~筋

1週間派遣のリバーさんに仕事を教えたけど、、なかなか頭に入っていかないようで、その上にめちゃくちゃミスをするのでその後始末をしなくてはならず、教える時間も無くなってくるわ、自分の仕事もできなくなるわで悲惨な状態である。

 

それでも、すごく一生懸命に覚えようとして必死なのが伝わってくるのでこのままやれる事を少しずつやってもらって、仕事を全部移行するのは諦めて、リバーさんのできる範囲で頑張って欲しいと思う。

 

そんなこんなで月末も近くなりリバーさんのミスをカバーする為には時間がどうにも足りない。ジムに通って使い所のない無駄な筋肉を作りに行こうとするカイコくんに、無駄筋作ってる暇があったら今日は残業して、手伝いな!と言って仕事を手伝わせる。

 

ぶちこ〇すぞ!と憎まれ口を叩きながらも大人しく手伝ってくれる。さすがお口は大変悪いが心根はほんまに優しい子である。隣の性格のちょっとあれなバナナくんの1000倍は性格がよろしい。

 

ごめんね、カイコくん。もう無駄な筋肉、無駄筋って言わない。でも彼女も作らずプロテイン飲んで筋肉作りに励む姿はおばちゃん思わず涙がちょ漏れる。

 

紹介の話も結構あるのだが、わたくしが見せた画像の女の子は顔が好みでないようだ。私には充分可愛い女の子なのだが、面食いなのが腹立たしい。ちっ、顔選んでる立場かよ!と言うも、僕もそう思うんですけどね…と、あくまで妥協しなそう。さすが無駄筋男、無駄な贅沢しよってからに。このまま顔で選んでその内紹介の話も来なくなってその時になって無駄に分厚くなった自分の筋肉を抱きしめて後悔しても遅いのだ。

 

まあ、本人が楽しければそれでいいけどさ。