陽気な音楽カモン

残業中珍しくカッチョ様がホンワカ係長とカイコくんに激おこプンプン丸だ。静か過ぎるフロアで気まずい雰囲気の中パソコンカタカタしている。こういう時陽気な音楽でも流れてくれたらお怒りも静まるし、(逆に火に油かも知れぬが)、緊張してパソコンを真っ直ぐ不自然に眺めながらお仕事しなくてもよいものを。カモン!今すぐ陽気な音楽鳴ってくれ!そうでないとマジ緊張して生ツバ飲み込む音さえ聞こえそう。

 

それでまあ、カッチョ様のお怒りももっともだしカッカリチョとカイコくんの言い分ももっともなのだが、これからどうする?!と聞かれてカッカリチョをフォローするように対策を淀みなくスラスラ話すカイコくんには感心した。この子は成長の余地がたっぷりあるな。頭の回転も機転も早い。我が課のホープであるな、と契約社員の分際で偉そうに分析する私。

 

それで会社の事を妹と話していたら妹の会社には通称焼け野原と呼ばれる課長がいて、部下を4人鬱病にさせて、課を何も無くなった焼け野原状態にするのでそのあだ名が付いたというパワハラ上司がいると言うのだ。

 

上からも厳重に注意を受けているのにまだのさばっているとは。誰か訴えればいいのにね、と話すと、鬱病になってるからそもそも訴える気力も無くなるんでしょ、という話だ。それに比べなくてもうちのカッチョ様はかなりの合理主義ではあるが課員の話には耳を傾けてくれる。今回の激おこもまあ、激おこしても仕方ない内容だ。

 

子は親を選べぬというが課員も課長を選べない。焼け野原のような課長じゃなくてよかった。まあ、私、焼け野原課長のような課長だったらボイスレコーダー持って出社してパワハラで訴えるけどな。

 

ところで明日は部の飲み会だ。いつもは出席しない人達も出席するので人数も多いし部の上の人達もたんまりいる。熾烈な席取り合戦が始まりそうだ。お偉方から離れて座るポジショニングを取らなければ心は阿鼻叫喚の地獄なのに顔は菩薩の笑顔でお偉方を相手しなけばいけないという生き地獄。

 

そういう事で明日は早く出発するぜよ、とタヌキちゃんと小顔ちゃんとカイコくんに言っておく。そんなに嫌なら出席しなけりゃいいのに今回はタヌキちゃんの教育係の私がタヌキちゃんが出席するので足になってあげなければならない。そしてなんやかんやタヌキちゃんも教育係の私とカイコくんがいないと不安そうだ。

 

しかしもつ鍋とは。タヌキちゃんただでさえ日本の食事が合わぬのに食べられるのか。もっと食べられる所にせいや!という言葉を飲み込み幹事のバナナくんにはご苦労さまーと言っておく。我も本音と建前を重んじる日本人でありますなー。