逮捕します

かーちゃん、この前いーくんが卒業式の練習終わってみんながやっと終わったーってホンワカしてる時に急に下ネタを大きい声で言ったんだ。そしたら空気がシーン…として、だから僕慌てて、いーくん、みんなの空気を凍らせた罪で逮捕します、って言ったらみんな笑ってその場を何とか凌げたんだ。という。

 

それはいい事したね、と褒めておく。私は人が恥ずかしい目にあったりバカにされているシーンを見ると誰でもそうだと思うが心が締め付けられる。そういう時にスマートに話を逸らしたり助け船を出してあげる人は本当に出来た人だな〜と感心するし、どんなに仕事のできる人間でも人前で誰かを頭ごなしに叱りつけている人を見ると人格を疑う。

 

その点で言ったらうちの息子はものすごく周囲の人の心理を読んでいる。嘘くさい善行は大嫌いだし、人の行動の矛盾点やその行動の元となる人の心理の本質を敏感に感じとったりする。

 

話題のいーくんは空気がよめなくてクラスから浮いている。みんなの空気にのって寒いジョークを言ったいーくんを無視しても良かったものを、いーくんを傷つけず、なおさら自分も浮いてしまわないように咄嗟にその場を和ませるセリフを言った機転の良さ?的な能力はなかなかのものだ。

 

誰しも苦手な人やどうにも空気がよめなくて距離を置きたい人はいるけど、うちの息子でさえその対象の相手の自尊心を傷付けないよう無意識に行動できているのに、それができない大人は多いよな…と隣の課のパートさんが忌み嫌っている男性の派遣社員をキーキー罵倒しているのを見てしみじみ思う。

 

いやさ、嫌いなのは分かる。うん。私だってその男性派遣社員を好きかと聞かれたらうーむ?とクエスチョンマークがつく。でもさ、同じ人間なのにそんなに毛虫のように扱うのってどーなのよ?少なくともその派遣社員はさ、あなたのように人にたいして差別的な態度はとってないわけよ。

 

人は誰しも差別する生き物だからこそ、そうしないように行動する事を自らに課さないといけないし、それができなくても少なくともそれを感じとらせないように擬態するのが最低限の大人のマナーですよ。擬態うまくできてなくてもいいんです。擬態しようとするだけでもいいんです。でもね?あなたは擬態する努力さえ放棄して、自分の気持ちの赴くまま嫌いな派遣社員に怒りをぶつけている。それも大勢の前で。それは1対1でどっかの野原で取っ組み合いするつもりでやってくれ。

 

ものすごく気分が悪くなる。もっと気分の悪くなる事に隣の課の上の面々はそれを見て見ぬふりだ。耐えられない。結局別のパートさんが割って入って止めに入っているが…

 

あれだね、うちの息子はお勉強できないけど人間として身につけないといけない他人を尊重するというルールは身につけているから、もうそれでいいや。隣の課のパートさんがキーキーしている姿を見るとしみじみそう思うばい。