ホイホイ

小顔ちゃんと話していて、小顔ちゃんは31歳まで男の人とお付き合いした事がなく、片思いの子に振られた経験しかない、好きな人と2人でお出かけした事ないと言う。冷静に考えると私も結婚し子持ちと言えども好きな人とお出かけなどした事がない。

 

この場合の好きな人は自分から好きになり、この人しかいないと思った程好きな人の好きな人と言う意味だ。少なからずお付き合いしたメンズもダンナ・ハーンも好きと言われて好きになれそうだな、と思ってお付き合いし始めた。だからそれなりに楽しかったし、楽しいけど本当に好きで好きでたまらない人と2人でお出かけなんてどんな感じだろう。想像を絶する楽しさではなかろーか。

 

小顔ちゃんも私も頭の中身が中学生程度の恋愛感から成長していない。私達はホストにハマるよ、と私が急に突拍子もない事を言うので小顔ちゃんが驚く。えー?!そうですかね?!

 

当たり前だ。あいつらプロだよ。ウチら脳内中学生(私に至っては小学生どまり)組が、女を落とすプロの手にかかったらひとたまりもないよ。

 

本当にそうですかね?試しに行ってみたいですね?行ってみます?と小顔ちゃんが言う。それはとても危険な事だよ。イケナイクスリと何ら変わりがないから1回ポッキリでもうちらハマってしまう危険性が高いから手を出すべきではないよね、と言うと小顔ちゃんも激しく同意してくれる。

 

でも本当に危険なのは奴ら(ホスト)ではない。奴らは決まった場所でゴキを待ち受けているゴキブリホイホイみたいなもんだ。近寄らなければあっちからは寄ってこない。本当に怖いのはフツーのメンズの顔をして中身が天然ホストみたいな奴だ。そんなのに遭遇したらひとたまりもない。

 

しかしここで重要な事に気が付く。ホストは金を出させるタメにこっちを落としにかかるのだ。フツーの顔した天然ホストのような中身のメンズが小顔ちゃんはともかく私を落としにかかるメリットが一切見つけられない。

 

よかった。何か虚しいがとにかくホイホイに自ら近付かなければホイホイされない事実に安堵する。

 

しかし懲りずに小顔ちゃんも私も中身が中学生並の恋する乙女らしく、いつか好きな人と2人でドキドキしながらデートしたいよね、楽しいよね、って31と41が話す内容でないイタイ会話がとまらない。

 

しかし女人なんてみんな同じだ。ジャニーズにハマったり韓流にハマったり私はYくんにいつまでもハマってたりして一生何か手の届かない所でココロトキメイテいたいのだ。