41才の目標

飲み会が続き老体に響く。食欲が落ちてあまり食べられぬ。昨日は友と夜中まで飲んでいたのだが、0時5分前に、友が、マー、後5分で41才だね♡おめでとー。と言うので、あ、ホンマや明日誕生日だな、と気が付いた。

 

0時丁度におめでとーと水で乾杯。何がめでたいもんか、と思うがやっぱりめでたい。41才の目標は?と聞かれて、正社員になってお金稼ぐ事かな?という。

 

正社員になりたいから色々教えておくれね、とカイコくんに言ったら、何といい子なのだろう。うちの製品を持ってきてバラして熱心に説明してくれたり、今度工場へ一緒に見に行きましょう、加工の所を。と言ってくれたり、私がおバカなので下らない質問をしても自分でわからない事はわざわざ他部署の同期にまで聞いてくれて説明してくれるのだ。

 

呆れかえる程のお人好しさんだ。しかし恐らく教える事が嫌いではないのだろう。先生向きだ。こういう先生が1対1で色々親身になってくれたら、うちの長男次男の2大バカ息子共の成績も上がるだろうか。カテキョに欲しい。

 

でも、神様ありがとう。このタイミングでカイコくんのようなつおい味方を与えたもうて。正社員への戦いに最強の武器を手に入れたようなものだ。

 

課長に言えば色々勉強に出させてくれるから、色々行きたい、って言っていいですよ。と色々後押しもしてくれる。そしてもっと有難い事に課長も理解を示してくれている事だ。3月になったらパートを正社員にあげるなどちゃんちゃら可笑しいと思っておられるブッチョさまが退任せられる。機を待つんですよ、とも他の人からも言われている。

 

うちの課からはパートは正社員になれない、と秋に別の課の人から言われて凹みに凹んだが、今また少し希望が見えてきたのかな。

 

カイコくんと製品をバラして色々教えて貰っていると本当に部品一つ一つが色々面白い。ロボットアームの展示会がうちで少しあった時に一緒に見に付いて来てもらったが、それもまた興味深い。ロクジク、と謎の言葉を展示会の人が吐くので、コソコソとカイコくんに六軸、軸って何?と聞くと堂々と展示会の人に聞いてくれて説明を聞かせてもらう。人間の関節みたいなものですよ。動きの数みたいな。という。

 

じゃあ人間の手は何軸だろうね?とまたまたおバカな質問をカイコくんにするも熱心に指の関節まで数えはじめてくれる。

 

うう。ありがたい。先生。先生とおよびしたい。だからだろうか、私は唯一今まで優秀な優秀くんにしか氏を付けて呼ばなかったのだが、カイコくんの事は最近、カイコ氏、と無意識に呼ぶようになっている。1目おいてる人に氏を付けてしまうのだろう。

 

優秀氏にはこの前バカなメールを送って優秀氏が笑いをこらえ切れず肩を震わせるくらい笑ってくれていたが、色々仕事でツライ事があっても理解してくれる人がゼロではなくて、笑ってくれたり助けてくれたり教えてくれる人がいるから、41才は希望を捨てず、2バカ息子&気が強い娘の為に正社員になってお金稼ぐぞよー!!