恋愛史上主義

歓迎会、忘年会と続いて、最近ではあまり参加する事もなかったのだが、社員目指すべくなら新しくブッチョ様になられるであろうお方に顔くらい覚えてもらわなければと参加する事にした。

 

ツンさん親子も参加するのだが、この親子ツンなだけあってツン親子が参加するなら遠慮する、とユカワさんもボPも来ないがな。

 

で、結局ツンさん抜きの飲み会もやりたいという事でボP主催で年末に飲み会があるのでそれはもちろん気が楽なので参加する事にした。

 

本日は大変梱包作業に手間取り、カイコくんにも手伝ってもらっていたが全身ヘトヘトだ。カイコくんも疲れていたのだろう、間違えた製品を棚に返しに行ってもらったが正しい物を持ってきたつもりがまた同じ間違えた製品を持って来ている。

 

疲れているのでのらりくらりと梱包しながら、カイコくんの恋の進捗度合いを聞く。今度はバレンタインデーの時期に一緒にディズニーシーに行くらしい。

 

おいおい、そりゃもう脈ありありでしょ?っていうかその子本当に彼氏いるの?と聞くといる、という。

 

ごくり。ごめんなさい。私、男友達とはディズニーシーには行かねえや、絶対。どうしよう、フツーの女人では当たり前の事なのだろうか。私は男友達と二人ではバレンタインデーのディズニーシーにはやっぱり絶対行かない。望みがあるとしか私には思えないのだけれど、もしや、そのくらいはフツーなのかもしれない。

 

頭の中でグルグル考えた挙句、とうとう言ってしまう。カイコくん、それはかなり脈あり何じゃないですかい?

 

いや、僕は絶対騙されませんよ。期待はしてません。してないけどその頃にはそろそろ自分の気持ちを言おうかな、と。言う。それは応援してあげるが、つかぬ事を聞くがケチを豪語しているカイコくん、もし付き合う事になったら1ヶ月に1回くらいは会いに行くんでしょうよ?と聞くと、いや〜1ヶ月は無理ですね〜、お金がないですからね、3ヶ月に1回ですね。とのたまう。

 

そりゃダメだわ。カイコくん、君ね、付き合う事になってもそれはすぐ振られるね!と言っておく。

 

そうですかねえ、とカイコくん何か飄々としている。よく分からないな。人の心は。彼氏がいても男友達なんて全然いていい。二人で遊んで楽しければどこへ行ったっていいだろう。しかしバレンタインデーのディズニーシーは好きな男の人とか彼氏と行くものでなかろうか。カイコくんに気がないのなら軽く了解するそのオナゴの気持ちもわからぬし、好きなのに付き合えたとしても会うの3ヶ月でいいというカイコくんの気持ちもわからぬ。

 

あれだろか、私、そんな自覚は無かったけど恋愛史上主義なのかもしれぬ。うむ。それなら他人との恋愛に対する熱量の差があっても頷ける。

 

それで恋愛史上主義者としていい案を出しておいた。あっちに行くのとこっちに来てもらうとで交互にすればお金もったいなくないよ。と。それはそうですね、何も僕が行ってばかりではなくてこっちに来てもらえればいいんですね。と納得している。

 

しかし、あれだ、付き合えてもいなにのにカイコくんに妄想だけを1人歩きさせてしまった。妄想が得意過ぎるので影響を与えてしまったかもしれぬ。やはり期待しない・させない方ががいいのだろうな。何事も…