つおいたいど。

ユカワさんが別工場へ行く事を告白してくれたので、堂々と2人で今後の事を話す。ユカワさんの仕事は今もう1人パートさんを雇うには何か勿体ない量だし、かと言って私が引き継ぐと確実に残業が増えるだろう。

 

パートであり続けるつもりならそれでも良かったのだが、私はいずれ正社員になりたいので何も知識として学ぶ事もない慣れた事務処理仕事が増えたら、正社員目指して色々蓄積していきたい知識を身につける時間がほとんどとれなくなるだろう。

 

しかし新たなパートさんを雇うとなるとこれも問題で、逆にこちらの工数が増えるような人が来てもらっても困る。(下界の友人はそれでかなり困らされているし。)もっと困るのは人は見た目でそれが分からないから簡単に雇われてしまう。

 

隣の課がそれの失敗例を多数抱えており、隣の課の女人関係はドロドロ、泥沼、そして異様にプライドの高い人達ばかりなのだ。ユカワさんとあーなるのは嫌だしね…とコソコソ話す。

 

とにかくだ、柔軟な人が来て欲しい。柔軟と言えば、カイコくんは非常に柔軟だ。ユカワさんと話していて、カイコくんかなり使えるよね、と話す。こちらの依頼した仕事は間髪置かずに手伝ってくれる。しかし人の良さからやらなくてもよい仕事まで引き受けてしまう危うさがある。これは前任者パスタくんがそうであったように、私は今回の担当者はパスタくんの二の舞にならないよう、余分な仕事を徹底して受けないようにアドバイスする。

 

何故なら正社員しか出来ない込み入った難しい問題に積極的に取り組んでそれを解決して言って欲しいからだ。案の定今日も営業経由の謎な仕事を押し付けられいる。

 

あのさ、それもう撥ね付けたら?と言うと、いや、いけません。ちゃんとやってあげないと。と言う。私もめげずにお節介おばちゃんする。

 

だけどね、それ1回きりと思って無理な相談をこなしちゃって期待に応えちゃうとね、ああ、○○課のカイコくんなら無理なお願い聞いてくれるな、ってなって課を通さずにダイレイクトに変な依頼が来るようになっちゃうんだよ。(←私自身がそれなのでよくわかる…)

 

いや、それでもちゃんとやってあげないと、と笑いながら言う。カイコくんの気持ち良くわかる。私も頼られると期待に応えようとしてしまう。しかし最近気が付いたがこの課は交渉ごとも多く強い態度で相手に無理難題を突きつけたり、跳ね除けたりしなければならない事も多々ある。そういう時の為の練習に無理な事は無理だという押しの強さを身につけてもらいたなあ。カイコくんにも私にもそれがたりない。

 

バナナくんなどそういうスキルがしっかり身に付いているので、電話口の態度もハッキリと相手に物申せている。そして自分がやるべき仕事とそうでない仕事をハッキリ区別していて、余分な仕事は引き受けない。私も最近は電話口で相手に強さも見せれるように頑張っている。まだ、余分な仕事をはねのけれるスキルはないが。まあ、それでもいいかな私は、と思っているがカイコくんはいけない。

 

これから色々学んでいくでしょう。

 

カイコくん、来週、失ってしまった製品の捜索とクソ重いその荷物の梱包を一緒に頼みますよ、と頼まれたら断れないカイコくんに頼む。なんやかんな私が一番余分な仕事をカイコくんにさせているな。まあ、でも私が頼む仕事は力仕事メインなのて30分以内におわるからいっか!!と誰に対する訳でもないが言い訳。

 

それにしても新しい人を入れるかどうか悩むなあ。正社員目指して頑張りたいから、ハズレを掴まされるかもしれないがクジをひくべきかもしれない。