運動会に思う

運動会。子供の頑張っている姿を見る親の楽しみでもある。と、言いたいが、運動会には朝早く起きる、沢山お弁当を作らなくてはいけない、場所取り合戦、駐車場取り合戦に参戦しなくてはいけない、まあまあ知り合いに合って愛想を出さなくてはいけない…等、どう考えても気ののらない事の方が多く、割に合わないではないか。

 

それでも子供の活躍する姿を見たいという親がどれだけいるだろうか。きっと相当数いるだろう。私はそうでもないが、親となったからにはせめて親に擬態するくらいはしなくてはいけない。

 

という事で今回は気が重くならないように、めっちゃ気を抜く事にした。

 

まず、場所とりはしない。そして駐車場とるために早起きもしない。弁当作りのためにも早起きはしない。それからただでさえ重い気をもっと重くする物理的に重いパラソル・机・椅子は一切持っていかない。軽めの椅子だけでいい。

 

普段通り起きて、彩りなどガンガンに無視した茶色いお弁当(野菜がない方が結局は子供は喜ぶ)を作り、子供の出る競技の時間に遅めに学校へむかう。もちろん近くの駐車場は空いてないが、遠くても歩けない距離ではない。

 

それから学校の裏手の裏手の、ギリ校内?的な場所に陣取り、子供の競技の時間まで寝たり、ゲームしたり、通りかかった私と同じような考えの同級生と、運動会なくらないなかあ、とクソ会話に花が咲く。 

 

いやあ、こうしてるとこの前したキャンプと大してかわらない。風が気持ちいい。ギラギラした運動場で干物になりそうになってパラソルの下待ってるより全然楽だ。それにあまりの穴場にて知り合いにも会わずに済む。

 

やはり日陰ものには日陰が合う。双子が来年6年生なので小学校の運動会最後の年だが来年もこんな感じで身軽で参戦しよう。ただ一年の1度のアンケートに、まだ運動会が2回ほど残っている友に懇願されて、来年の運動会は子供だけで弁当食べるようにして下さい。もしくは昼までにオワテクダサイ。的な事を書けと言われたので、書いておこう。まあ、そんな意見スルーされるだろうけど。

 

最近学校の教師の残業が大変だから減らそう的なお便りを小学校からも中学校からももらった。誠に結構である。結構であるから学校も共働き核家族が増えたのを鑑みて、土日の行事をゼロにしてくれまいか。

 

部活だ運動会だで、1週間みっちり働いた後に学校の行事になど潰されたくない。いや、運動会はよしとしよう。一年に1回だもの。しかし部活の、半強制的な親御さんの協力を仰ぐ的な話はやめようではないか。

 

部活なんて平日だけでいいんです。先生も休んで下さい。そして共働きの親も休ませてください。部活=青春なんて一部の輝かしい活躍をした人達だけの幻想です。実際は平日も土日も部活ってどんなブラック企業やねん!てあたいは思います。ま、やりたい人だけでやっておくんなまし。キリッ。

 

と、1人大好き人間が言うても、社会不適合者の負け惜しみぐらいにしか思ってくれないんだろうなあ。