こりゃイカん。合わないイカがきた。

おNEWの子がやって来た。いかにも理系っぽいイキフン。我が課はハッキリ言って理系にはキツイ対人相手のお仕事。

 

バナナくんやボPに、ぶっちゃけどうです?あれと仕事これから一緒にしないといけないんですよ?と意見を求められる。求められても困るがな。来てしまったからにはこの子(←子供扱い…)と仕事をしなくてはなるまい。

 

それにだ、君らはパスタくんが大分まあるくなった後にこの課に来たから知らぬが、仕事でキチャッテた時のパスタくんの出す零下250度くらいの冷たいイキフンに比べたら、ちょっと愛想が悪そうなくらいたいして何も感じない。

 

そしてもっと言うと私はひねくれてるので愛想が良くて太陽みたいな人も嫌いではないが、愛想が悪くてボソボソしている人の方が一緒に仕事するには落ち着く。挨拶にエネルギーを使えるくらいエネルギー過多の人と一緒にいるとこっちが疲れるがな。

 

けど…我が課の仕事は対ホモサピエンス、だからだいぞーぶかいな…パスタくんも絶対人向きではないと思っていたがそれより対人向きではなさそうな人が来ちゃったがや…

 

とにかくだ、恐ろしく溜まりつつある仕事をポイして今日はあのイカのゲームをやるべくそこそこの残業で会社にさようなら。この前無料体験みたいなのをやってみたら意外に楽しかったのだ。

 

子供達にまたもやガミガミ叱られながらやっている。ウルサイので親の権限ではーい!寝た寝たー!!と2階の寝室に子供を叩き込みじっくり腰を据えてやる。うん。めちゃくちゃ下手だ。とにかく前進しかできないので下手なのに真っ先に前線に向かってしまい、撃たれておしまい、を繰り返しているだけだ。

 

これってあれに似てるなあ…特攻隊とかテロとか。不謹慎だけど。王蟲だって斥候を出すのだから私もせめて斥候くらいの役割は出来るくらいには腕を磨かなければならない。というかこのゲームに斥候っていらないな。

 

しかし新しく来た…えーとカイコくんという名前にしよう、は、きっと前線にいきなり放り出されたくらい不安な気持ちだろう。一緒に仕事をしなければならないこそ最初は不安を和らげてあげられるように私も気張らなくてならない。それが斥候の役目でもある。(どんな役目か知らぬが)。そしていっぱい恩を売りつけゆくゆくは私の仕事も手伝って貰えるように弱味を握ろう。うむ。(クソ思考)