脳保存代

家の軒先にツバメが巣をかけたけど、すぐに猫に壊されてしまった。…のに、めげずにまたツバメが巣をサッサっと作ってしまった。

 

去年2回目の子育て中にヒナを猫に全て食べられてしまった事を覚えていないのだろうか?ま、覚えていないから作ったのだろうけど。

 

残業が立て込みフツーにホームセンターが開いている時間に帰れやしないので猫避けのツンツン尖ったシート?を買ってこれない。猫の肉球にツンツンするあれさえあればツバメは助かる。

 

しかし買ってくる時間がないので竹箒を柱に立てかけておいた。柱によじ登ってツバメの巣を壊すのを防ぐのだ。竹箒のツンツンした感じが猫さまもお嫌らしい。

 

わたくしもホウキが1度人差し指の爪の下にグッサリ刺さった事があり、あまりの痛さにこんな事やってられるか!と掃除のホウキ係を放棄して、ホウキを片手にみんなで蜂起した。掃除の時間を減らせー!!と。

 

という下らない事を書いても拉致があかない。本当に蜂起したいのは会社でだ。

 

おーい!!正社員にしちくりー!!おいら、家事育児苦手なんで、せめて子供の為にお金をせっせっと稼ぎたいです。

 

本音を一字一句漏らさず書くと、子供の為に(と、言いつつ英語塾通わせ進学塾に叩き込んで、頭脳明晰になってもらいゆくゆくは一流企業でガッポガッポ稼いでもらって、老後は海外でのんびり暮らせるくらいは、親孝行してくれるだろうと親のエッゴエゴで子供を育てているんですから、)正社員お願いしまーす!

 

そんなこんなで、(どんなこんなや)ツバメがタマゴを産んだようなので、親鳥がいないうちに巣から出して小さなライトで中の様子を透かして見る。

 

なんだ、まだ黄身が見えるだけだな。ヒナの形がわかるようになるまでたまにタマゴを失敬して見てみよう。

 

鳥はエゴで子供を育てはしないな。純粋に次の世代に遺伝子を運ぶ為の子育てだ。老後を見てもらおうなどと考えてはいまい。

 

そうなると人間は老後が長すぎる。繁殖活動期を過ぎたらほとんど生物としては用無しなのに何故にこんなに老後が長いのだ。

 

聞くところによると、死んだ後まで脳を保存していつか科学が進んだ暁には生き返らせてもらおう的なビジネスもあるとかないとか。

 

はー、すごい人達もいるもんだ。わたくしの脳は生き返らせてもらっても明日の地球の為にも人類の進歩にも何にもお役にたてない。

 

いやいや待てよ。モノは考えようだ。未来はきっと今より人間は遺伝的に管理されて、優秀な人間しか生まれないようになっているかもしれない。

 

その中に突如生き返った旧世代のグータラ人類の見本のようなわたくしが、優秀な人間にグータラとはなんぞや、ひいてはグータラする事の大切さを身をもって示すのだ。

 

いけない。やっぱり正社員にならなければ未来にてグータラ教祖様と讃えられる機会を手に入れるだけの脳保存代が稼げぬではないかっっ!

 

脳保存代を稼ぐ為明日もお仕事頑張ろ。

 

広告を非表示にする