読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とーきまつり

陶器祭りに姉妹で出かける。子供達は実家に預けてルンルン。現地に着くとわたくしだけ単独行動。姉と妹は一緒にお買い物。

 

3人で行動していても私がフラフラ何処かへ行ってしまうので最初から別行動しておいた方がお互いの精神衛生上大変よろしい。

 

私は自分でもどうしていたか皆目思い出せないけど、高校までどうやってあの軍隊のような集団行動をこなしていたのだろう…と不思議に思う。

 

今日は丼とご飯茶碗を買うぞ!と意気込んで来た。そして意気込み通り3個で500円の丼と3個で500円のご飯茶碗をゲットした。後から姉妹に指摘されたけど。家族5人なのに3個じゃ足りないからそこはもう500円出して1個余分の6個買っておこうよ、と。

 

しかしだね、私のようにあまりに選択が多いと何を選んで良いものか迷いに迷う性格の人が、あと3個あの中から選ばなけれならないとなったら文字通り日が暮れる。今まで丼が無くて不便でもうどんやラーメンを食べれていたのだから、0から3個になっただけでもかなり不便が解消されるであろう。という理由から3個で充分という結果に至ったのだ。

 

でも、やっぱり人数分ないと不便だな。来年また来よう。それまでにまた丼が割れてしまいまた3個で500円なるものを買ってしまって永遠に家族分丼が揃わないような気がするが。

 

さっさっと近所のお店で丼くらい買ってこればよいが、選択が少ないとそれはそれでまた悩む。これでいいのか、本当にいいのか、明日にはこれよりいい丼がどこかに落ちているかもしれない…という理由から大体買えずに1年くらいは余裕で時が経つから、おそらく丼を買うのはやっぱりまた1年後の陶器祭りでしょう。

 

帰りはどうしてもコンビニのアイスが食べたい私の要求に応えてもらい、姉妹でコンビニに寄りアイス?というかフラッペ?を食す。ああ、幸せ。

 

今日はいい天気だった。いいお出かけ日和。お休みがあと少しになって来た事が悲しい。夕方に若葉の匂いのたっぷりする田舎道を散歩する。うう。いい匂い。自然の匂い。

 

猿が神社の賽銭箱の隣に座しているのを追いかけて、高台から向かいの山の若葉いっぱいの景色を見ていたら何だか泣けてきた。

 

働きたくね〜!!ハンモックでこの若葉の中ユラユラ揺れてグーグー日がな1日寝ている生活を年がら年中続けた〜い!!

 

叫んでも田舎なので、山しか雄叫びを聞かれないのでマジで叫んでしまったわい。

 

広告を非表示にする