読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さくらさくら

今年は桜が咲くのが遅かった。だから今日工場へ行く途中に満開の桜を見られてうれぴー。風で飛ばされた花びらが道路の隅に美しいピンクになって固まっているのもいとおかし。むんずとつかんで花咲かじいさんみたいに撒きたい。けど、人目があるから我慢する。

 

工場へ行くとベンツくんが選別作業をしている。何選別してるの?不良?と聞くと、うん。そう。と答える。何だか今日もバタバタしていて疲れていたので、ベンツくんの真向かいにしゃがんでどこが不良か、どこの外注か根掘り葉掘り聞いた後はボ〜っとベンツくんの選別作業を眺めてしまう。

 

ベンツくんはまったく礼儀もなってない金持ちのボンボンだが、何となく憎めない。それは彼が誰に対しても平等な態度だからだ。他人を上げもしないが下げもしない。人を差別しないその性格を好ましく思う。

 

私も突然の廃棄作業に駆り出されてやっと事務所に戻ると、海向こうからまたまた無理なお願いが来ている。断りたい。断りたいが、最近返信した資料にしこたま訂正箇所があり何度も訂正してもらっている。つまり弱みがある。こういう時に恩を売っておかないと私のミスにも厳しくされちゃわない?されちゃうわい!

 

という事で夜の闇の中隣の建屋に自転車でひとっ走り。ポイッと荷物を追加したら、やでやで、お疲れだわい。

 

事務所に帰る途中に夜桜が綺麗だ。うちの会社の中の桜は綺麗だと思う。小学生の頃校庭の桜が咲くと給食を外に持って行って皆で花見をしながら給食を食べた。楽しかったな。

 

今週末にはできる事なら桜の木の下でシートなど敷いて食っちゃ寝してゴロゴロしたいなあ。まあ、結構毛虫が落ちてくるからウカウカ寝てられないし、多分散ってしまうな。今日の風で大分散ったし。残念。

 

しずこころなく花の散るらん…てなもんだな。

広告を非表示にする