恐ろしき魔法

仕事断るスキルを身につける第1日目。早速とある作業に、物申したくなった。あのね、去年はフーくん&私&応援者がいたから出来たのであってね、今年は私がメインであとは応援者だけかい。

 

それなのに札をつけていくという作業が足されているし、そもそもこの作業の全体の作業責任者が1の仕事を5に錬金し、それだけならまだしも他人の時間も奪う魔法を持った恐ろしい錬金術師である。

 

主にいつも魔法をかけられて時間を奪われているパスタくんの被害状況を見ているし私も魔法を使われた事があるので、その恐ろしさをよくわかっている。

 

どうしてこちらの方の責任者もパスタくんにしてくれなかったのだ。こちとらパートとしての日常業務的入力作業があるのに重箱の隅をつついたような作業進行をされたらたまったものじゃない。重箱の隅をつつくのは正月だけにして頂きたい。

 

江戸っ子ちゃんとも話した事があるが状況的にお腹から血をダラダラ垂らした怪我人が運ばれてきているのに、親指の爪が剥がれているのを先に手当するようなものだぞ。腹!止血しないと死ぬから!ってのがわからないのかなあ。

 

わからない人はいつまでもわからないので、わかっている人が腹の止血をしながら何故かそれよりも念入りに丁寧に親指の爪の治療をしなければならない。あー、よかった、錬金術師が救急救命士じゃなくて。彼が救急病院に配属されたら何人が犠牲になったことか。適材適所。犠牲者といってもここなら犠牲者が死ぬ訳ではないからな。神様ありがとう。

 

なんて考えていたら、御機嫌の良い本日は、ま、仕事お断りするスキル身につけるより仕事サッサっと自分でやっちゃった方がいっか!と生まれついてのめんどくさがりーの気質が顔をだしてどうでもよしこさんになってきた。

 

ヘトヘトになって家に帰ると子供達が最近買ったゲームを母である私より進めている。そもそもそのゲームは私が私の為だけに買ったものぞ。

 

しかし疲れてやる時間がないのであっという間に子供のものになりつつある。子供のものになると何が嫌かってゲーム機がどこから既成された脂か油か知らないが、ベットベトのネッチネチになる事だ。

 

案の定、なっている。ベトネチ。

 

しかし叱る気力も残っていない。

 

でも、もう春だしこの忙しさもおそらく5月まで。5月をすぎたらノンビリ仕事ができるぞー。ゲームもいっぱいできるぞー。

 

それを楽しみにお仕事がんばろ。

広告を非表示にする