読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悪魔に取り憑かれる

先週木曜日に中学説明会が来週の月曜に15時からあるよ、と息子が言う。おいおい、何かプリントもらってるっしょ?と聞くも、僕には身に覚えも何もない、と断言する。

 

口頭だけで中学説明会ある、と連絡するだろーか?中学校が?ふーむ。そんな伝言ゲームのような連絡手段なのか、中学校は。面白い。なんて、思ってる場合じゃない。

 

息子の言う事など信用できるか。もっと言うと、私自身が案内にもらったプリントを見もせずに即資源ゴミ用の新聞紙入れに入れている確率1000パーセンツッ。自分が1番信用できぬ。

 

と言うことで数少ない情報源たる息子の同級生のママ知り合い2人ばかりにlineで中学入学説明会の案内があると言うが本当だろーか?と聞いておく。

 

息子の身に覚えのないプリントは何故か同級生の子のうちには覚えがあったようで、2人共から有難く案内プリント画像を頂戴する。

 

時間は13時40分からとある。伝言ゲームを信じなくてよかった。時間が大分違うがな。午後休とって行くべし。

 

そして今日午後休を取りコタツで御飯を食べてから、さあ、出かけよう、その前にジックリ案内プリントを見てみよう、とジックリ見る。

 

13時40分から50分まで受付。話が始まるのが14時5分から。親への説明が始まるのが15時5分から。来れない保護者さんには子供に説明の紙を渡す、とある。

 

何という事だ。私は今コタツに入ってこれを見ている。さっきまでの、中学説明会行くぞ行くぞ!という気持ちが一気にしぼむ。おいおい、来れない保護者、とよく見たら書いてあるではないか。つまり、プリント見れば大体わかる事をわざわざご丁寧に寒い体育館で平日の昼間からやってくれるというのか、ありがたいね、涙がでるね。

 

今の涙は眠たくてあくびが出過ぎて泣いてるだけだが。

 

コタツくんが私にささやく。保護者の説明の所だけ行けばいいのではないでしょうか?あなたもそう思う?もっと言うと今日休みとってまで行かなくても息子が持って来てくれるプリントだけでよかったかもしれないねえ。あーあ、休みとって損した。

 

と言うことで当初の伝言ゲーム時間に中学校に行き(それまではコタツで寝るという有意義な時間を過ごす)、保護者への説明だけを聞く。聞くが別にやっぱり、プリント見るだけで良いような話の内容だ。眠たい。グー。と、眠くなるのを耐える。さっき寝たばかりだから。

 

しかしこんな事なら今週水木にある参観日の方に休みを使えばよかった。もう、休み取れないがな。

 

でも、その参観日も行くぞ!行くぞ!と会社からやる気満々で飛び出しても、一旦コタツに入ると、コタツにそそのかされ、最後の10分くらいしか見れていないような時間にしか見に行けないのだ。(何故なら寝てしまうから)

 

悪魔だ。コタツは悪魔だ。人を堕落させる。わたしが他の国を征服するなら、寒い地方ならまず先に大量のコタツを送り付けるだろう。そして腑抜けになった人々を一網打尽だ。

 

って、そんな事を考えてコタツで日記書いてるから、夕ご飯作るのもめんどくさくなってきた。恐るべし、コタツ。