読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嫌われる

すごく有難い事に齢40になるまで人にあからさまに嫌われていると感じる事がなかった。しかし私も人並みに人に嫌われる事ができたようだ。

 

課のお局様に目をつけられてしまった。で、初めての事にしてどう対処していいものやら、友2人に相談すると、それはその人にゴマすれなかった、ご機嫌をとれなかった私の落ち度であると指摘される。

 

知っている事も知らないように、でしゃばらず、その人のイエスマンに徹する。嫌でもそれはまわりまわって自分の為なのだから、というアドバイス。

 

すごく納得する。わたくしはそういう事にはとんと疎い。それは全然出来ていなかった。わたくしの至らなさにてお局に目をつけられたのか。

 

しかし色んな人の意見聞いてみようと、また別の友に相談すると、ゴマをすり自分の心に背いてイヤな事してまで生きてても全然楽しくない。そんな事するより私だったら1人ぼっちの方を選ぶ、という。

 

すごく納得する。課で浮いてしまってもいい。私は私の行いだけを見て、判断してくれる人にだけ認められればよいように思う。お局様が喧伝する私の悪口にたやすくのって私を判断してしまう人は、そこまでの人だ。人に流されやすく自分で判断できず、人の喧伝力に流されるままの人はそもそも信用できない。

 

信用できない人達にいい顔しても何の得にもならない。

 

友達の意見だけではダメだと、妹に聞く。妹は、めんどくさい人相手するのめんどくさくね?会社なんて仕事する所詮お金稼ぐ為の所なんだから、ゴマすってまで気を使うなんて馬鹿らしい。別にその人がおねーちゃんのクビを握ってるとかでもないし、無視するに限る。というご意見。

 

それで結果的にやはり私は潔く、ゴマをする事はやめた。人にはできない事とできる事がある。人など私を含め良いところちょっと、悪い所沢山だ。

 

私は自分が至らない事が十分わかっている。わかっているからこそお局様のように一方的に人を攻撃する事はどうしてもできない。そしてそういう一方的で信用ならない人にゴマをするという行為は命の危険がない限りできない。それで良いという事だ。

 

今回の事で意外に私には悩みを打ち明けられる存在が結構いるという事に安心した。人に興味無くて友達が少ない割には上出来の数ではなかろうかと思うのだ。

 

広告を非表示にする