働かない豚

お正月休みが明けて出勤初日、海向こうから写真付きであけましておめでとうの挨拶が来ている。みな若い。私も画像を付けて返さねばならぬか?とニヤニヤしながら考えている途中にふと気がつく。

 

あれ?おいら、何か気持ち悪い?胃も痛いしダルいし、何よりこの恐ろしい程の寒さと悪寒は何だ?

 

このフロア寒すぎなんだよ、と心の中で悪態をついて問答無用で温度を上げておくが、寒さが止まらない。吐き気もとまらない。寒すぎて吐きそう。いや、吐く。という事でトイレで吐く。

 

そして気が付く。こりゃダメだ。その内激しい上げ下しが来る。とても仕事してる場合じゃない!と早退。

 

そして次の日も復活できずお休み。半日顔を出しただけであれだね、10日連休になってしまった。

 

そうなるとあれだ。社畜生活が恐ろしく嫌になる。おいら一生キリギリスでいたい、と半泣きでコタツに潜っている。人間嫌いなのに人間様に混じって働くのストレスたまるんだよ。人間はすぐに悪口いうし、人の事気にしてくるし、意地悪するし、おいら人間嫌いだ。

 

そうしていたら、テレビから耳に心地よい言葉が我が耳に届いてきた。働かないアリもコロニーもしもの時の為には必要なんです的云々かんぬん。

 

なぬ?!すぐに飛び起きて見る。コロニーには1部全く働かないアリがいるらしい。閾値が高いアリなんだとよ。閾値が低いアリたちがせっせっと働きすぎて疲れて使い物にならなくなった時に、やれやれどっこいしょと本気出して働き出す普段は全く働かないアリ。

 

素敵♡これこそ私の理想。アリのコロニーでは働かないアリを排除しようとしたり悪口言ったりしない。これが人間社会だったら不器用な人、仕事ができない人、少し毛色の違う人、めちゃくちゃ悪口いわれたり評価が下がったりするよなあ。

 

ああ。やっぱり生き物は素晴らしい。働かないアリも必要だとちゃんとわかってんだから。

 

決めた。私ももう働かないアリになってやる。明日から会社行かない。

 

しかし宝くじが当たっていない。仕方ないアリでないからやっぱり会社行く。ブレブレ。 

 

だめだ。1ヶ月の3分の1もの自由を与えられた豚が元の社畜に戻るまでにどんなに激しい心の葛藤があるのかわかってるのか。

 

飛べない豚はただの豚だ。働かない豚はただの豚だ。働く豚はただの社畜だ。わたしも赤い飛行機に乗って美女にキスされてえや。

 

いけない。寒すぎるから働くのが嫌だという怨念のこもった日記になってしまった。こういう時は温かいスープを作ろう。野菜たっぷり入れた大好きなクラムチャウダーもどき。

 

あれを食べてさっさっと寝よう。寝て自由を忘れるのだ、豚よ。

 

 

 

広告を非表示にする