実家でぐーぐーぐーたら

娘が何か本を読みたい、と言うので2階からガサゴソ本を探す。しかしほとんど図書館で借りて来て読んでいるので自分で買ってきて家に置いてある本などない。

 

反省する。私が子供の頃は父上の書棚から勝手に色んな本を節操なく読んでいて飽きる時間などなかったけどうちには本が漫画ぐらいしか置いていない。今年は本を買おう。

 

とりあえず姉から借りてきたハリーポッターでも読んでいたら?と言っておく。ガサゴソしている間にYくんから貰った宇宙の本、ホーキング博士の本が出てきて懐かしくて少し読む。

 

宇宙の不思議さに興味津々だった私はYくんが大学で宇宙物理を専攻していると聞いて、こりゃ運命だな!はは!と思ったものだが、その運命もただの勘違いで済んだようだ。はは!

 

それから万葉集をわかりやすく解説してある本も出てくる。

 

こもちみこもちふくしもよみぶくしもちこのおかになつますこいえきかな…

 

うむ。言葉の羅列が気持ちいい。意味は求婚の歌のようだ。しかしいくら身分が高いといえど堂々とした求婚だな。この時代だから良かろうが今の時代だったらこんなに堂々とした求婚する男いやだな、オイラ。

 

でも万葉集とか読むの好きだ。意味はわからずとも言葉の羅列の気持ちいいものが多いから。音を楽しんでいる。それぞれの楽しみ方でいいと思うのね。

 

実家に姉家族が来ているというので私も子供を連れて実家に帰る。漫画を読んで涙して寝落ちしている間に姉たちが夕飯を作ってくれた。私も一斗缶いっぱいの牡蠣をせっせっと蒸す。

 

エビフライと豚の角煮と牡蠣の蒸し焼きに大量のおせち料理…うちのご飯て量も品数も多いんだよね…まあ、お正月だから食べ過ぎてもいいか。

 

ご飯を食べた後に外に出ると星空がとても綺麗だ。オリオン座が東の山の上からよっこらしょ、と出てきている。スバルも牡牛座も見える。

 

しかし寒い。子供の頃は寒いのをごまかす為に熱いお風呂に浸かりすぐに犬の散歩に行った。星を見ながら散歩していると湯冷めする前に体がまた温かくなるのでいつまでも星を眺めながら歩いていられた。

 

今夜は久しぶりにそれをしてみるか?しかしもう飼い犬マロンさんの散歩は夕方してしまい彼女はもう寝てしまっている。

 

仕方ないから熱いお風呂に入ってから星でも見ようかな。星を見ていると本当になぐさめられる。デカイ女と言われても宇宙の中ではきっとゾウリムシの鞭毛の先くらい小さい存在だと思うとこの世界で堂々とジタバタして生きてても良いような気がするからね。