読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の無計画おでかけ

子供達とジブリの立体何とかを見に行く。大体私はどこか行くとなったらものすごく速く出発すれば何とかなると思って行動する無計画人間だ。

 

目的のものが見れなかったら別のものを見ればいいじゃない?というアントワネットみたいな事言っちゃう。

 

だからチケット買うのに待たされて、それからまた入場するまで待たなければならないというハメになる。こんなことなら立ち寄ったコンビニで当日券を購入すれば良かったのだが、根暗そうな(←この際この情報は何の関係もないと思われる)若者がかなり手こずって機械の前から離れてくれないので、サッサっと諦めたのが悪かった。

 

しかし、やはり私の思惑通り?早く行動していれば何とかなるようで、後で知ったが最高入場者数を更新した日で270分待ちという日だったのに、何とか100分待ちくらいで入れた。

 

子供達は待っている間猿のようにウキウキ走り回っている。そして後ろの年配の夫婦の会話が…奥さんが…くどい。どうやら息子夫婦との待ち合わせに失敗したようだが、それを永遠に旦那さんに愚痴っている。うーむ。思わず息子のお嫁さんに同情する。

 

こんなくどくて嫌味っぽい義母嫌だろうな。まあ、他人事なので面白く聞いていられるが。

 

光の速さで展示を見た後は、無料の会館でも見に行こうと車を走らせる。無計画なので本日休館なのも知らずに行って駐車場の鎖に阻まれる。

 

こっちがダメならあっちねという事で博物館に行く。今度は無計画者を温かく迎え入れてくれる。ちゃんと営業してる。お利口。

 

沢山の素敵な車を見て満足する。娘は無類のスタンプ押好きなので、スタンプラリーのカードを貰って嬉嬉として集めている。息子ふたりはかーちゃんよろしく!と投げて渡してスタンプラリーする気ゼロ。クラフトもらえるよ?と言ってクラフトって何?と言われるので、何か切って組み立てる紙みたいなモノじゃない?とボンヤリ答える。

 

息子達は、うわ!いらね!頭の上から足の先まで1ミリもいらね!と言う。ちょっと、いや、大分殴りたい。

 

娘はそもそも何ももらえなくても押す気MAX。だから娘とせっせっとスタンプを押す。ちびっ子達が働く車に乗って写真を撮ってもらっている。

 

私は息子に頼んで働く車に乗ってはしゃいで写真を撮ってもらう。完全に立場が逆だ。いいよね?これ幼児だけ対象って書いてないし。

 

本当はパトカーに乗って写真を撮ってもらいたかったが、パトカーは人気で幼児がひしめいている。諦めるしかあるまい。それにパトカーは運転席はともかく後ろの座席なら乗る機会が無いとも限らない。他の働く車はなかなかそこで働かないと乗れない。他の働く車に乗る方が貴重だ。

 

そう考えながらパトカーの運転席に乗って写真を撮ってもらっている幼児を眺める。きみたち、パトカーの後ろの座席に乗るような人生を歩まないように、そのままかわゆくね。

 

雨の中車を走らせ家路に。今日は疲れたばい。こんな時はこの前実家からかなりヒンシュクをかいながらも貰ってきたクリを茹でて食べよう。とクリを茹でる。

 

妹に、うちもみんな好きなんだからね!そんなに貰っていかない!と叱られるも、君達も好きなのは分かっている。しかし私は好きではなく大好きなのだ。クリもクリを好き人より大好きな人に食べて貰った方が本望でしょ。というクソなセリフを吐いて貰って(奪って)きたのだ。

 

しかし欲を出してはいけない。食べすぎて気持ち悪い。

 

ああ、私の息子にお嫁さんが来たらやはり私のような義母はいやだろうな。無鉄砲で欲張りで世間知らず。

 

離れて暮らして干渉しないでおこう…