どこでもドア

そろそろ美容院でも行こうか、と朝思って美容院に予約をいれる。私は美容院でも何でも予約はよくて前日、大体は当日だ。

 

行きたいと思ったらすぐ行動。すぐ行けないならもうやーめた。である。今日は12時からなら空いているという。OK。お昼ご飯を用意したら(といってもご飯を炊いただけ。後は小6の息子が勝手に色々作って双子にも食べさせてくれる。)お留守番を頼んで出発!!

 

とはお腹弱い組はならない。何故だ。この後に及んでお腹が痛い。激しく痛い。予約時間まで後40分。腹痛の原因をお腹から追い出すまでに少し足りなくないでしょうか?

 

しかしそんな心配をヨソに原因は光の速さで海に向かってお腹から退出してくれた。…のはいいけど、腹痛+吐き気まである。

 

フツーならお断りの電話をいれる所だが私は行くとなったら死にかけないとやめれない。とまらない。以前など結石で七転八倒の苦しみを味わったがあの時も会社に出勤する気満々でギリギリまで耐えた記憶がある。そのお陰でダッサイ豚色社畜服で救急に駆け込まなくてはならなくなった事を考えると、やはり無理は禁物だ。

 

という事で鎮痛剤を飲んで美容院に行く。(諦めないバカ)。無茶かそれとも薬が効いたのかまあ、絶対薬だが、美容院の椅子に座る頃にはすっかり調子が良くなっている。

 

お、今日は店長が私の担当か。私は人の名前と顔を覚えるのが他の人より抜きんでで苦手なので、美容院でご指名などした事などない。だって名前覚えられないし、誰が良いとか悪いとかどーでもよしこさんなのだ。下手な人に下手な髪型にされても上手な人に上手にされても、ま、いっか、で終わってしまう。それにだ…私のような者如きが人様を選ぶなどもってのほか。ブルブル。人間怖い(?)

 

しかしやっと店長の顔だけは覚えた。というか店長か知らないけど1番偉そうにしてるから多分店長だ。今日は切らずにパーマをかけてもらおうと思ったけど、店長がしぶる。

 

ひどく髪が傷んでるから、10cm程切った方がいいし、伸ばしたいならパーマは諦めてこのままにして切ってもいい長さにしてからパーマをかけるしかないと言う。

 

素直にアイアイサーと了解して黒くなった部分だけカラーリングしてもらい美容院を後にする。早目に終わったので子供達を引き連れて図書館へ行き夏休みの宿題の調べものをする。

 

旅好きくんからLINEが来てタイで象に乗っている画像が送られてくる。おいおい。本当に旅好きだな。そして独身貴族様。趣味の旅行にお金を湯水のように注いでるな。

 

私も若い頃の引きこもりの反動で今更色々行きたいが、時間とお金と環境的にやはり国内、日帰り、に限られる。だがそれでも結構楽しめる事に気が付いた。

 

いつかは海外や国内のもっと色んな所行ける程色んな余裕ができるかな?それまでは友人達から送られてくる旅や観光の画像を見て行った気になっていよう。

 

だから今日は列車に乗って象に乗った。(妄想だけど。)

青い空白い雲、列車から見える田園風景や海沿いの街、それから象の背中に乗ってゆったり揺られて緑濃い森をお散歩。

 

心だけは自由に飛ばせるから、やべ、おいら1番安上がりの旅人だわ。どこでもドア持っちゃってんなあ…脳内に。て、事で子供達とファミレスでお腹壊れているのにドリンクバーの冷たい飲み物ごきゅごきゅ飲んでニヤけて1日が終わろうとしている。

広告を非表示にする