読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダル重

お盆明けにて仕事やる気ゼロ。海向こうのイクメンさんから問い合わせのメールが来ているが、それに返信するのもキーがいつの間にか鉛になっちゃったの?と思うくらい打つ手が重い。

 

鉛キーボードでやっと返信するも、ついつい隠しきれないやる気なさの現れか、全くやる気ないけど答えてあげますよ、と上から目線。

 

すぐに返信が来て、お盆明けにてダル重なのにすいませんね、とある。よく考えたら海向こうはお盆休みなどないからダル重さえ羨ましいかもしれない。

 

しかし休みの少ないダンナ・ハーンにも上から目線で言っておいたが、長期の休みがない人は本当に羨ましい。長期休暇の終わる前日などこの世の終わりのような絶望感と戦わなければならないのだ。実際は休みが終わるだけなのだが。

 

それに比べてそんな休みのない人達は絶望感と無縁で淡々と働いててりゃいいんだから、全く気楽なもんだ。なーんてウソです。絶望感を10000回味わってもいいので長期休暇いっぱい下さい。

 

やる気のない自分にムチ打ってなんとかそこそこは仕事をしておいたが、今週は気の重い歓送迎会がある。行きたくない。隣の課の気のいいパートさん達はのきなみ来ないではないか。

 

そして行くまでにどうやって行くのかの詮索が隣のお方から先週もあったが今日もあった。私は寮組の子達の通り道なのでいつも車で拾ってもらい乗り合わせで行っていたのだが、どうやらそれが隣のお方は何故か気に食わないらしい。

 

今日も聞かれて、まだ決めてないんですよねー、バスかなー?車かなー?(寮組と乗り合わせとはこの場で絶対言えない)と誤魔化す。

 

というか、ふと、こんな嫌な詮索受けてまで何故に私は歓送迎会行くのだろう?と疑問に思う。というか歓送迎会に私がどうゆう手段で行くのかそんなに気になる?

 

以前は子供達からしばし離れてお酒やご飯を食べれる課の飲み会は楽しみでしかなかった。

 

しかし今はそこそこ(どころかかなり)自由になる時間も出来たし、遊んで楽しい友達や幼なじみとも頻繁に夜ご飯を食べたり遊んだり出来るようになった。飲んでいてたいして楽しくもない飲み会に惰性で参加しなくても良いのでは?

 

そう思ったらピーン!!急に行きたくない度測定器の針が振り切って測定不能。

 

という事で今日までなら変更がきくと言っていたので、やっぱり行きませーん、と返事しておく。

 

来月になったら隣のお方から詮索を受けない遥か遠くの席に移動できる。余計な詮索を受けなくてすむ。仕事の事ならともかく私生活にあれやこれや詮索受けるのはたまらない。

 

これからは隣の年齢不詳主任やイシくんみたいに会社の飲み会?行きませーん。みたいな態度をとってもよいのだな。

 

そう思ったら随分気が楽になったな。

広告を非表示にする