雨の日は

この2ヵ月フーくんに仕事を手伝ってもらっていたので、物を送る便の用意が億劫になっている。そういう時に限って送る点数が多いものだから、残業時間に腹をくくって工場で座り込んで作業をする。

人がいないのをいい事に最近買ったばかりの歌を口ずさんでいる。今日みたいな雨の日にピッタリの歌。雨の日にはれでぃれいにぃ〜♪と歌っていると、段々悲しくなってきた。

よく聞くとこの曲切ない。切ない曲調に影響されて半べそかきながら作業する。曲調に影響されるのは妄想族&感性イッチャッテル私にはしょっちゅうの日常茶飯事。

献血で血を抜いた後だし(女人にあるまじき400ml献血)何だか雨も降っているし、歌は悲しいし、今すぐ家に帰って泣きたくなってきた。

これが晴れの日で曲がバカみたいに明るかったら裸で踊りだしたいくらいご機嫌だったろう。

しかし今日はダメだ。気持ちは暗いし頭は重いし血は抜かれた上に記念の献血ウサギ?の入ったタオルはもらえなかったし(あれの為に400とったんだ…しかし下さいと言えなかった小心者。)、荷物は重いし、物は多いし、荷物を撮るカメラはメモリーいっぱいだし、座り込んで前のめりの格好していたら腰は痛めるし、運送会社の兄ちゃんには相変わらず天然だねと笑われるし、どの行動にそう思われたのか皆目わからないし、イシくんには迷惑かけるし、これが泣かずにおられるか。

いや、大体の人は泣かずにおられるな。しかしわたくしは大体の人と違って脳内の涙スイッチの配置が規格外なのだ。どうやらアチコチに涙スイッチが配置されている。

箸が転がってもその衝動で泣ける。(多分)

帰りの車の中でギャンギャン泣く。犬か。犬なのか。犬はキャンキャンか。どうでもよしこさん。

明日は晴れてくれるといいなあ。
広告を非表示にする