読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いい歳こきまくり

うちの課の自転車は3台ある。1台は毎日工場倉庫で作業する陽だまりさんのもの、後2台は課の皆の共用だ。

ところが最近誰も使っていないのに、課の自転車がない。

理由はわかっているが。隣の課の自転車が1台パンクしているのだ。つまりそういう事で、いけしゃあしゃあと自分の課の自転車でないのに乗っているベンツくんを見つける。

なんで人の課の自転車のってるんだよお!!パンクしてるの直しなよ!!と言うが、なんの話?といってとぼけてニヤニヤしている。

ベンツくんはさ、入社して来た時からこんな調子のふざけた感じだが何故か憎めない。おそらく私の中で完璧子供認識になっているのだ。ランドセルこそ背負ってないが小学生みたいなもんだ。15歳も離れていると本当に子供と一緒だ。

そんな小学生に、私の行動の端々に子供っぽさが抜けていないのを見破られて、もういい歳なんだからさそういう事しないの、とたしなめられた事があるが。

たしかに。齢ピー歳にして自分の行動は子供っぽいな、と感じる事が多い。まず、イタズラするのが大好きだ。

かくれんぼも好きだ。それから興味あるものはあたり構わずジーと見てしまうし、気になる行動の人もジーと見てしまう。

それから、これが1番子供っぽいかと思うが未だにマイタオルケットをクンクンサワサワして眠る幼児の頃のクセが抜けない。

しかしなあ、会社では大人のフリをして過ごしているのだが、気が緩んてしまうと出てしまうのだな。反省。

夕方、マタハセくんが出張から帰ってくると何とスーツだ。

おお…!!なかなか似合っているではないか。ジュル。というか!明日はたしかパスタくんも今日マタハセくんが行った所と同じ所へ出張のハズだ。

これは…まさか…ごくり。

という事でパスタくんのデスクに用事があるフリをして、ごくごく自然を装い聞く。

あー、明日はパスタくんもスーツなの?
え、そうですね、スーツで行きますけど。
ふーん。直行直帰?
会社からいきますけど。
夕方帰ってくるの?朝は?
朝は9時くらいから行きますけど?何でですか?

いや、別に。ふーん。スーツなんだ。ふーん。そうか、そうか。スーツか。と言ってその場を去っておく。

何でですかじゃないわい。くくく。スーツ見れるなんて、どんなご馳走やねん。

というか、上の会話は何を自然に振舞ったか分からないくらいの不自然極まりない、セクハラ的質問の羅列ではなかろーか?いや、大丈夫。自然な会話だ。同じ課の人の身だしなみを気にしてあげるのは、年長者の務めだ。

明日はもし万が一、パスタくんが出張先へ直行した場合夕方帰って来るのを待ってスーツ姿を拝まなければならない。

明日は何が何でも残業をしなければスーツ姿を拝めないという残念な結果になるやもしれぬ。しかしもし直帰してしまったらどうしてくれよう。直帰するなら直行を、直行するなら直帰を、同情するなら金を…じゃなくて、直行直帰どちらかをやめて頂きたい。

明日は朝早く来て朝ワクワク、夕方は残業して夕方ワクワク。明日の為に今日はそこそこある仕事をポイ!して帰る。明日に残業を残しておかなければ…!!努力が眩しい!!スーツを見たいという変態的努力が!!この眩しさで特務の青二才の目を潰せる…!!

へへ。変態さんだ。変態さんが駐車場をとおりかかると、珍しくパスタくんの車が停まっているのを見かける。

おお。明日スーツ姿を拝ませてくれる(ハズの)有り難いお方の有り難い車だ。これはイタズラしずにはいられない。

という事で、真っ暗闇でも光るシールをドアにペタペタ貼っておく。うむ。すぐに取れるし、ソフトなイタズラとしては申し分ない。もし、明日直行直帰などというふざけたマネをしようものなら、イタズラがソフトでなくなるのは必至だが。

しかしこう言う所が子供っぽいのかなあ。ベンツくんに、いい歳なんだからやめなさい、と、言わしめる行動。

でも遊び心を忘れるくらいなら、ずっと子供でいいや、オイラ。
広告を非表示にする