読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やる気のない日

3日ぶりの会社は桜が満開になっている。ほえ〜美しか〜。工場へ行く時の自転車漕ぎ漕ぎが必然的にノロノロ運転に。

何かの鳥が桜の中でキィキィ鳴いている。桜に鳥はよく似合うな。

そんなに事務仕事は溜まっていないと思っていたが、恐ろしい程発注書が溜まっている。私の1番嫌いな事務仕事。ものすごく細心の注意を払って発行するのに大体ミスがあるのだ。見直しに見直しを繰り返してもミスが見つかるから、細心の注意を払ってミスする仕事だな。

そう考えると楽しくなるな。間違えないようにしようと思うとイライラするから、人間だもん間違えるよね!でガンガン発行して見直しを増やせばよい。発行の段階から心をくだいていたら本当に心が砕ける。

しかしまずいことに今日は全く仕事にやる気がでない。頭の中に桜が咲いているらしく頭の中で花見しているモード。頭がボー。

たいして仕事もしてないのに残業もして帰る。春休みで子供を実家に預けてあるので実家に帰宅。

実家の飼犬マロンさんが車から降りたわたくしを見て転がりまくって喜んでいる。ごめんね、暗いからお散歩行けないね、と撫でておく。

妹がマロンにごはんをあげるのを眺める。それから空を眺めるとめちゃくちゃ星が綺麗だ。実家は山の中だから星だけは本当に綺麗だ。

お母様の作った美味しいご飯を食べてコタツでゴロゴロしていると、何でも鑑定団に触発されたお父上が、うちにも出せる物があるかも!とガサゴソと抹茶茶碗などを出して来てドヤドヤ!言っている。

うむ。全く値がつきそうにないガラクタ達だ。妹が、うちから出せるような古いものはお婆ちゃんくらいだよ、とのたまう。

まあ、なんと言うか平和な風景だ。

鑑定団に出させられそうになっているおばあ様も、ベットで可愛らしくスヤスヤ口をお開けになって眠っておられる。可愛い。ばーちゃん長生きしてね。まあ、十分長生きしてくれてるがな。

眠る前にもう1度星を見てから眠ろう。パジャマ姿で外をブラブラしててもイノシシぐらいにしか会わないからな。
広告を非表示にする