読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

帽子のサイズ=頭のサイズ

自動倉庫にハトが巣を作るらしく、出てきたケースに沢山のフンや羽が入っている。普段ならどうと言うこともないけど、わたくしは今鼻風邪をひいていて調子が悪い。ので、敏感に反応してクシャミは出るわ顔は痒くなるは、頭も帽子で痒いわで、数を数えているどころではない。

これはもうダメだ…と愛する自動倉庫にお別れを告げ、フーくんに交替して頂く。今日中に全部自分で数えておきたかった。 

工場へ行く時は会社支給の帽子を被るのだが、この帽子は頭が痒くなる。丁度倉庫に来たパスタくんにもこの帽子痒くならない?と聞くと、なりますね、という。ついでにパスタくんの帽子の大きさを調節するところを見るとめいいっぱい大きくしてある。パスタくんは頭も顔も小さいからガバガバではなかろうか。

ちょっと大きくない?と聞くと、そうですね、と少し小さくしている。その姿を見て昨日のボピーとの会話を思い出す。

ボピーと棚卸しをしていて急にボピーが、この帽子何か小さくないですか〜?もう小さくて本当にキライ、この帽子。とおっしゃる。
サイズを1番大きくしたら?と調節してあげようとすると、あ、めいいっぱい大きくしてあるのか…。デカイな…頭(心の声)

前の会社の帽子持ってきたいくらいですよ~。と言ってめいいっぱい大きくした帽子を被っているボピー(女子)、その同じ帽子を今目の前で小さくしているパスタくん(男子)、何か笑える。

何か笑えるがわたくしもボピー程ではないが同じく頭がデカイ女子であるのでパスタくんの頭の小ささに舌打ちが出そうになる。というか出る。女子としてはゴツイ体つきをしているので、華奢なメンズを見ると踏んずけたくなる気持ちが出ても致し方あるまい。

今日はノー残業デイであるらしく正社員様は定時で帰るようだが、我が課は棚卸をメインで背負っている課でもあるので皆さん残業していくようだ。

わたくしは今日は調子が悪いので早目に帰らせて頂こう。と思っていたがそんな訳にもいかないお仕事ありおりはべりいまそがり、5月になったら潮干狩り。どうでもいいけど顔痒い。

ああ、早く棚卸終わらないかな。4月になったら小旅行に花見に潮干狩り、長い長いGW。楽しい事がいっぱいあるからなあ。

その日が楽しみでワクワク待っているこの時間も楽しくて仕方がない。というかその日が来るより待っている時間の方が幸せなのかもしれないな。

その日が来てしまったら終わりだけが待っていると思うと寂しい。待っている時間は金曜日の夜みたいなもので、その日の気持ちは日曜日の夜みたいなものかな。

そいで今日は金曜の夜。えへ。幸せ。