読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モーニング

久しぶりに友とモーニングに行く約束をしたのだが、寝坊する。そして昨晩は寝落ちしている。つまり朝風呂に入らなければならない。

洗濯して子供に朝ご飯を食べさせてお風呂に入り友が私を迎えに来た頃には準備万端!のつもりが髪の毛を乾かすのを忘れていたようだ。

友に髪の毛ビショビショ!!待ってるから乾かしなよ!と言われる。有難く待たせて髪を乾かしてモーニングに行く。

3人とも子持ちなのでもちろん話題は子供の話と正社員になりたーい!!と妖怪人間のように叫ぶ話中心だ。

しかし2人はとても良いお母さんだ。私は母親失格だ。今度からは参観日ちゃんと車で昼寝しずに飽きても最後まで見ていよう。

でも、まあ、良いか。うちの子達はパワーがある。あり過ぎる。2人のように子供に関わっていたら子供が自立する前に私が静寂を求めて家出する。

大体どうして外ならまだしも家の中に木の棒が転がっているのだろう。処分しても処分してもアホみたいに棒を拾ってくる。まあアホなんだろうけど。

そしてどうして障子はビリビリなのだろう。どうして傘はボキボキなのだろう。どうして私は毎日やめなさーい!!と叫んでいるんだう。

今しか子供と関われない貴重な時間を過ごしているのは自覚がある。しかしだな、その時間を惜しむ心持ちも掻き消えるほど1人の時間と静寂を渇望したくなるほどの3匹の猿パワー。

日光東照宮の猿を見習ってくれ。見ざる言わざる聞かざる。お互いの事は気にしずに静かにご飯たべてくれ。翼は要らぬ、静寂を下さい母に。

モーニングがランチになりそうな時間に友とお別れして家に帰る。

遅くなったが雛人形を片付ける。また来年もよろしくね、と声をかけていると息子にそう言って片付けるものなの?と真顔で聞かれる。

カアア。恥ずかしい。1人だと思ってニコニコ人形に話しかけていたら子供がいたのね…。うん、まあ何となくかなあ?と誤魔化しておく。

私はだね、付喪神的な考えが好きなのだ。モノをすぐに擬人化してしまう。そいでたまに話しかけてしまう。それを聞かれるのは子供といえど少々どころか大分恥ずかしい。動物に話しかけるのは日常茶飯事だがそれも誰にも聞かれたくない。

私が積極的に話しかけないのは人間様だけだ。慣れるとちょっと黙って?と言われる程喋るけど。

今日も本当は友の相談にのるハズだったのにもう1人の友と私とで話しまくって、相談にのってあげれていたのか?…反省しきり。
やはり無口な人喋りが遅い人は気の毒だな…
広告を非表示にする