読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アザラシ神社

暖かい。明日は雨が降るらしい。出かけるなら今日であるな。明日は一日中雨の音を聞いてグーガグーガ寝まくろう。

旦那はんが今日は野球のチケット2枚もらったからチューヘイだけ連れて行く、と双子の男の子の方をご指名する。

チューヘイ、非常に迷惑そう。それもそのはず彼の頭の中は武将と戦国でパンパンなので野球などという健全な戦の入りこむ余地などない。

行きたくないな〜、リー(双子の姉)行ってきていいよ。と行く気ゼロ。さすがにそこまで嫌がられている旦那はんも可哀想なので、とーちゃんの為に行ってきてあげて、と耳元で言っておく。

2人が出かけた後は、近くの公園で長男と娘を遊ばせる。それから失恋した友の為にネタ的な神社でお守りでも買ってきて、元気つけてあげようと車で出掛ける。

ネタ的神社と言ってもちゃんと由緒ただしき神社だ。ただ御神体が…アレなだけだ。

悲しい時はクスっとでも笑える事があると良いのだ。人間笑えなくなったらおしまいだ。ネタ的写真も撮ってLINEで送りつけてやろう。

神社では龍がいるお水の所で手を洗う。先週行った観音寺にも同じのがあったな。というか最近神社仏閣行ってばかりだな。

御神体は確か再来週あたりに新しくするお祭りがあるのだ。見に行きたいけど、なかなかの破壊力のある祭りだからな。いや、岸和田のだんじり祭りとかの物理的な破壊力ではなくて、絵図ら的に破壊力があるのだ。

テキトーにお参りして100円で友の幸せをテキトーに祈る。

娘は御神体を見て何のカタチなのかわからないようだ。これなに?と聞いてくる。しまった。子供を連れている事を忘れていた。

娘が、なんかアザラシ?なの?と聞いてくる。

そう!アザラシの神社だよ。とテキトーに嘘をついておく。神仏の前で堂々と嘘をつくとは。何たる不届き者だ、わたしは。

しかしやはりちゃんとした神社だなあ。そこそこお参りの人がいる。柏手を打つ音が慣れた人の、パン!パン!というこ気味よい音が神苑に響いている。

ネタ的に来た自分が少し恥ずかしい。やはり祈りの場所だからなあ。まあ、でも神様も友を思うわたくしの気持ちに賛同してくれるであろう、カシャリンカシャカシャ写真を撮っておく。

この神社も自らがネタ的に喜ばれるのを自覚しているのであろう、写真撮影はご祈祷の間は遠慮願います、と書いてあるだけで御神体にカメラを向ける事を禁じていないようだ。
何という懐のデカさ…もとい深さ。やはり神はこうでなくてはいけない。

お守りを買った後はパスタとピザを食べに行く。

お腹がはちきれそう。美味しかったけど、パスタ好きのわたくし、最近本当に美味しいパスタを食べてみたいと思うようになってきた。

いつも美味しい。美味しいけど美味しいを超えるパスタ。なにこれ!美味しすぎ!パスタ。

どこかにないかなあ。パスタくんの出身地のパスタの聖地(かどうかは本当のところ知らぬが)にならあるのかもしれないなあ。

いつか行ってみよう。


広告を非表示にする