お使い

よく寝た。起きて子供達に天気いいから何処か行く?と聞く。家でグタグタするというお返事が。

心配だ。冬山にスキーの一つでも連れて行ってくれと言わないものであろーか。言われても連れていけない。(寒いから)。大人になれば行きたければ勝手に行くでしょう。うむうむ。じゃあインドア過ぎるのを嘆く心配も要らぬ心配だな。

この前テレビでやっていたターミネーターでも見せてあげるか、と子供達と映画を見る。私は子供の頃映画好きの父上に大層いっぱい映画を見させられた。

父上は映画には節操がなくてハリウッドもフランス映画もイギリス映画も香港映画も中国映画ももちろん邦画もつまらないものから名作まで何でも観ておった。

そのおかげかわたくしは何でも観れる。恋愛もの、感動押し売りものホラーものは苦手だが。

恋愛ものはケッ、と思うし感動押し売りものはハッ!と思うしホラーはブルブルトイレの小窓が怖いです…と、なるからな。

しかししばらく観ていて、うむ、このまま行くと確かあのシーンがあるよな、あのシーン。今考えると父上様たち色んな映画のゴニョゴニョシーン惜しみなく見せてくれたが私にはその勇気がない。

あー?えーと?ちょっとここは早送りね、と早送りをする。不自然さを感じてくれなくて良かった。ふー。

見終わって一応面白かったようで続きあるの?と聞いてくる。うちの子達も映画好きになりそうだな。

わたくしはもう少し大きくなったらゴッドファーザーの1と2を見せたい。あれに出てくるメンズ達は惜しみなくアホで愛しいのだ。そいで哀しい。

夕飯にグラタンを作っていたらチーズがない事に気が付きコンビニに息子をお使いに出す。

初めての夜のお使い。少し心配。帰ってきたら他にアイスと焼き鳥も買って来て1000円を全て使ってしまっている。

くっ。自分でスーパーで買えばチーズ200円もかからぬところを息子をお使いに出すと1000円もかかるのか。このアホたれー!!と愚痴りたいところだが、お使いに出す際に息子のアホっぽさを盛り込んで500円くらいを渡せば良かったところを1000円も出してしまった自分のミスである。

ありがとうね、焼き鳥も美味しい。と褒めておく。これが娘だったらちゃんと言われた通りのモノしか買って来なかっただろうーなあ。まあ、娘は危ないから夜のお使いに1人で出さぬけど。

やはり男の子はアホっぽくて愛しいし、女の子は小生意気で愛らしいもんだ。



広告を非表示にする