ヌカドコ頭

久しぶりに実家に帰省している友、てんみちゃんとランチする。てんみちゃんは中学の時かわゆい外見とは裏腹に女子では1番2番を争う秀才だった。

仲間勉強をした時の衝撃を今でも鮮明に覚えている。宿題を渋々終わらせてS子さんとおしゃべりをはじめた私達の横でてんみちゃんはまだ宿題をしている。私は父譲りの毒舌でてんみちゃんをからかう。やだーてんみちゃん頭良いのに宿題終わらせるの遅いね〜!

するとてんみちゃんものすごくキョトンとしてさも当たり前のように言ったのだ。え?!宿題終わっちゃったから先の方やってた。

え?!いつも!?いつもそんな事しているの?と聞き返す私。うん。とさも何事もないように頷くてんみちゃん。

やはり頭の良い子は違う。奇特な生き物だ。勉学を強制されている時間以外もやるなんて正気の沙汰ではあるまい。マゾだ。要するにアスリートと一緒だ。脳の筋トレフェチなのだ。

てんみちゃんはかの有名なチンケンゼミもやっていたしな、私はあの時から頭の良い子はチンケンゼミをしているという刷り込みができた。

で、我が下の息子、いつも△を大量に通知表にぶら下げて来る下の息子、チンケンゼミ習わせてるんだけどね、かの有名なチンケンゼミも我が息子の脳内筋肉ふにゃふにゃブリにまったく歯が立たないではないか。

思うにチンケンゼミもクギという知識を息子の頭に打ち付けようとしてくれるのだがな、息子の脳はヌカドコなのだろう。糠にクギ、状態だ。

てんみちゃんの娘の通知表はABC判定なのだが、娘っ子Bが1コだけであと全部Aだって。素晴らしい。脳内筋肉も立派に遺伝の影響を受けるのであろう。論文書きたい。脳内筋力発達においての遺伝的要因の果たす役割とその世代間伝播について。

または議論したい。ヌカドコ頭の成長過程毎の変化とこのまま変化しなかった場合の恐ろしい未来について。主催者わたくしパネリストわたくし。

このまま脳内のヌカドコ化に変化もしくは状況の好転が見込めなかった場合、未来ある若者の未来が閉ざされてしまいます。是非皆さんに討論して頂いて未来の若者の為に地球温暖化よりも最重要事項であるチューヘイくんの脳内ヌカドコ化に歯止めをかけて頂きたいと思います。ではまずチューヘイくんのヌカドコ頭の要因となりましたお母様からヌカドコ頭だとどんな大変な事になるか経験談をお聞かせ願います。

はい。ヌカドコ頭だと興味の範囲がものすごく限定されますので学校にはランドセルを毎日運んでまた運び帰ってくるくらいの所としか認知できません。ですから毎日授業中この部屋全部が好きな食べ物でイッパイだったらとか、カメムシとムカデでイッパイの部屋だったら、とかの何か卑しい妄想か究極の選択を突き詰めるとかの妄想しかしてこざいません。

もしくは自分の脳内で作ったお話に感動して1人涙するという症状もヌカドコ頭には現れます。困った事にこの症状は大人になると益々ひどくなりほとんど一日一回は涙しているという始末です。

というかそろそろこの妄想を始末して、てんみちゃんもS子さんもこうして話すと、さっぱりとした性格で付き合いやすい。もう少してんみちゃんの子供達が大きくなったら会える機会も増えるだろう。

で、夜は中学のバスケ会の忘年会へ。はあーあ。メンドクサイ。しかし独身の同級生も2人程いる。独身は段々付き合ってくれる友も減っているだろうと思うと彼らが少しでも楽しんでくれたらよいなあ、と思い毎回行くのだ。

別に彼らもこの会を楽しみにしている訳ではないかもしれない。が、欠かさず毎回来るメンバーに独身2人が入っているという事は楽しくない訳ではないだろう。

カラオケやダーツなどを夜遅くまでやって半分寝ている。老体にはこたえる。しかし気を抜くと友がすぐに近くの若者の群れに入って話しかけている。迷惑なオッサンそのもの。引き剥がして叱る。を繰り返す。

なんだよ。ほとんど家での母親と同じ役目かい。疲れる。しかし同級生の男共はいつまでも子供っぽく思えるな。

いや、男という生き物自体いつまでも子供なのかもしれない。

話している内容が中学の時とほとんど変わらないバカな話ばかりだ。まあ、よいか。いきなり政治の話しされても困るしな。それにワシも脳内ほとんど子供から大人になれていないので話していて気がラクだしね。

うちの息子達も大人になってもこうして付き合ってくれる男女関係ない友が出来るとよいけど。

いや、しかし付き合ってあげるというのも上から目線だな。やはり彼らと私達は対等だ。私も気兼ねなく付き合えるのが楽しいのだ。

江戸っ子ちゃん達とも細細になってもいつまでも楽しく付き合っていけるとよいなあ。



広告を非表示にする