読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わからないという事が

今日は暖かいなあ。最近事務仕事そっちのけで開梱作業ばかりしていたので、事務仕事が溜まって来た。

開梱作業に行きたくて行きたくて仕方がないがグッとこらえて事務仕事。来週月曜日はいつもなら実家の手伝いに行く日なのでお休みを貰うはずだったが、年末年始の便の調整で荷物をギリギリまで待ちたい。

という事で休むのはやめよう。そうすると月曜日の朝にこの仕事を終わらせればいいな。ではでは行こうかな。夕方に開梱作業に勤しみに行く。

開梱開梱。地味で汚くて面倒くさくてまず女人は嫌がるお仕事ですがな、わたくしはそういう女人常識が激しく欠如した人間であるので、イソイソと工場へ通う。

人様の嫌がる仕事を率先してやるのですよ。クスクス。偽善者ぶり妄想。&私って一生懸命な女の子(古)なの!設定に身を投じてイソイソ開梱開梱。

何でも設定を作ってその設定になりきると大概の事は楽しく出来てしまうのだよな、わたくし。

トイレ掃除だって継母にいじめられるシンデレラ設定でやったりするしな、能力のないわたくしに唯一神が与えたもうた力、それが妄想力。素晴らしい。

パスタくんが事務仕事溜まっているのに工場に開梱作業をしにくる。わたくしに任せておけば良いのに。でも、まあ、確かに重すぎたり箱がなかったりで丁度男手がいる所ではあった。

課長と部長の話しが聞こえてきてヤバイこれ俺が怒られるやつだ、と思ったから逃げて来ました。と言う。

度胸があるのか無いのかよくわからんな、パスタくん。行動が面白いからいいけど。

事務所に戻ると年齢不詳主任と癒しい系係長が新システムのお勉強会から戻って来ている。どうでしたか?と聞くと全くわからない。進まない。1つ発注するのに5時間かかるよ。と笑って言っている。

じゃあ今日はまったくわからない、という事がわかったんですね。良かったじゃないですか。と慰めて(?)おく。

そうだ。まったくわからないという事がわかったな、とその場にいた人達と笑う。

久しぶりにちょいと残業してしまった。帰る時に星が綺麗だ。

もうすぐ流星群が来るけど、晴れるとよいなあ。