無駄バンザイ

15分早く行く為に15分早く起きているが3分くらいしか早く出勤出来ていない。

人間て不思議だね。あればあるだけ使ってしまうのだ、時間もお金も5ミリ方眼ノートも。というかあれだけお絵かき帳にしたらいけないよ、と言っているのに何故に子供達は5mm方眼ノートをお絵かき帳に使ってしまうのだろう。

案の定、算数ノートがなくなった、5mm方眼買ってきてと言う。馬鹿いいなさい。お絵かきした所を破って使いなさい。

工場ではタマタコくんが超音波を弱めたら上手く加工出来るようになったと言って機械をいじっている。本当だ。前より綺麗に加工出来ている。

クリスマスはどうするの?と聞くと彼女と函館へ行くらしい。いいなあ。ジーフーくんもそこにいたので、ジーフーくんは彼女と旅行とかいかないの?と聞くと彼女とは別れたと言う。

しまった。聞いてはいけない事だったか?振られたの?ともっと余計な事を言う。自分のこの口縫いたい。

まあ、何というかそんな感じというかアハハ、と笑っている。プライベートを気にするようではプロに徹しれてないわね、ってハマっている海外ドラマのボスも言っているのに、若者のプライベートに踏み込みまくり。反省。

あれ?でも私なんのプロだっけ?ま、いっか。ジーフーくんはイケメンだからな、すぐまた彼女作るだろう。

設定はそのまま彼女いる設定にしておいてあげるね、と恩きせがましく訳のわからない事を言ってその場を去る。

仕事をしていると今度はトーゲーくんが来る。この子も可愛らしい顔をしているイケメンなのだが私生活の話を聞いて思わず気の毒になる。

男友達とつるんで飲みに行くのとパチンコくらいしか趣味がないとな?若い今の時を何をそんな無駄に使っているのだ?

しかし考えてみるとわたくしも若い時ひきこもってただ会社と家の往復だけだったような。

若さもあればあるだけ無駄に使うものなのだなあ。しかし若さを無駄に使わない生活ってどんなんだろうね?今まで1度も人生有意義に生きる事を目標としてないからわからないな。

昼からは眠くてたまらない講習を受けて、パスタくんの落ち着きのなさを横目にノートにお絵かき。講師の2人をキリンとタヌキにしてお絵かき、かきかき。

パスタくんに小学生並な事を指摘される。子供達の事言えないな。私も会社のノートお絵かき帳じゃん?

定時でお家に帰り、今日お休みだった旦那さんからカッターシャツを買ってきて欲しいとうご下命を受けて子供達を任せてお出かけへ。へへへ、しめしめ。

これはフリーダムに過ごせるぞ♡

と言うことで買い物した後は近くのスーパー銭湯へ。若い女人の張りのある美しい裸体を眺める。

はあー、美しか。ていうか、わりと若い子も来てるんだなあ。

雨が沢山降って寒かったけど、体も頭も常夏になってあったかくて幸せだあ。
広告を非表示にする