読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

備蓄

今日は子供達がお弁当の日なので朝からせっせっと弁当作り。そんな感じで今にも遅刻しそうな時間に家を出たので、運転がオラオラ運転になってしまう。

いけない。いけない。こんな運転いけない、と思いつつも、ダラダラ走っている車にすぐ追いついてしまい、傍から見るとかなり煽り気味の嫌な車。

煽ってないよ!ただ前に行きたいだけなの!遅刻する〜!!というか、どけどけーい!
何チンタラ(方言?)してるの!!って完全に煽ってるがな。反省。

明日からちゃんと10分早起きしよう。心にちかう。

仕事はヒマである。出す船便が今週はないし、緊急時のフライトに備えて前倒しで仕事や見積もりをサッサッとやるようにしてしまったら、ドンドン仕事をこなすスピードが上がってしまって、仕事量はそんなに変わっていないのに、ヒマになってしまった。

ヒマにならないようにチンタラ(やっぱり方言?)やる事ができないのだ。あったらあっただけ食べてしまう、ポテチの1袋みたいなものだ。あったらあっただけぺろりと仕事も食べてしまう。

こんなふうに書くとさも優秀そうに思えるが、早くやり過ぎてミスだらけ、猫はいだらけ。もう、ちょっと落ち着いて!と心の中のわたくしBがわたくしAにいつも諫言しているが、Aの方のわたくしは運転も荒く早く、仕事も荒く早い。わたくしB、もうちょっと頑張って。

このままでは昼過ぎに私の仕事はヒマ警報発令時の為に備蓄しているどーでもいいデータ整理だけになってしまう。そんな時に神の声。パスタくんが倉庫で廃棄品の整理を手伝って欲しいとな。ありがたい。後光が差してみえる。

倉庫でパスタくんの説明を受けてドンドン廃棄品を倉庫から抜いていく。しかしもったいないな。パスタくんに何で捨てるの?どうして買うの?と聞くと、わからない。前の人(担当者)に聞いて下さい。という。

新システムになったらこういう過剰在庫も抑えられるのだろーか。よくわからない。

パスタくんとお喋りしながら仕事をしているので、箱の数がわからなくなったりもして、手伝っているのか邪魔しているのかわからない感。

とにかくヒマ人だから仕事をおくれ、と言っておく。そうですか、じゃあ僕の秘書になりますか、と笑える事を言う。

秘書など持てる身分でなかろーよ。この平成生まれの特務の青二才が。(大佐風)

そういえば、この前マスク女子が世の中ゴミみたいな(男)の人ばっかりですよ、ホントゴミみたいなヤツばっかりで、このゴミの親の顔見てみたいって思うんですよ、とムスカみたいな事を言っておった。

まあ、高笑いして人がゴミのようだ〜!!と叫ぶムスカの方がアホっぽくて可愛いがな。

娘のピアノの為残業は出来ぬので、後はパスタくんに任せてお先に失礼。

明日もヒマそうだ。どうしよう。とうとう備蓄米を使う日が来そうだな…



広告を非表示にする