読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自動再生

私はパブロフの犬的であるので外線がなるとどんなに仕事に集中していても左手が受話器を取ってしまう。

課では1番電話応対しているのではないだろうか。しかしここで残念な事に、仕事に集中していると頭は仕事に、体は電話応対の自動再生モードになっているだけなので、いざ取次ぐ時に、相手の会社名から名前から要件からさっぱり出てこない。

パクパク酸素の足りないコイみたいにして、あのー、一瞬で忘れました、と取次ぐ相手に無理やり投げる。そしてわりとそういう事が多い。反省。

私は若い時の職場、それから双子を含めた3人の育児のおかげで、同時に2つ3つの事をこなすクセがついた。そうしないととても時間が足りなかったのだ。

それもひとえに頭と体を切り離せて別の事をさせる事が出来るからであろーが、これはおおいに外部からの刺激に応えるには致命的なのだ。

だから頭と体が切り離されている時に話しかけられると、体の行動は丁寧に受け答えモードの自動再生しているだけで、頭の中は別の仕事をしている。

つまりその間に頼まれた事の一切の記憶がない。ハッとして何か頼まれていたよーな?話しかけられていたよーな?となってしまう。

今日はそういう事が多かった。大体仕事を1つずつじっくり取り組んで終わらせるのがそもそもイライラして出来ない。同時に2つ3つと進めていかないと、落ち着かない。

だからミスも多いのね。てへり。今日はしかし初体験をした。陶器祭りで100円の皿1枚値切る事が出来なかったチキンな私が、初めて見積もりで業者の方にお安くして下さいよ、と何件か交渉出来たのだ。

というのも、そうしてくれ、と依頼があったからだが。1件はOKもう1件はNGだったが、この年でも初体験の事がまだまだあるのね。

以前江戸っ子ちゃんとバッティングセンターでバッティングしたのも初体験でとても新鮮で楽しかったからな。

生きているうちは、まだまだ色々体験できゆね。ワクワククワクワクワガタガタガタ言ってないで、さっさとお風呂入ろう。


広告を非表示にする