自分探しの旅

朝早めに出勤。急ぎで頼まれた仕事をこなしたら、自転車コキコキ失せ物探しの旅へ工場へ。

自分探しの旅などした事はないが、失せ物が見つからなかったら、それこそそのまま会社の敷地を抜けて自分探しの旅へ出よう。

北から南の工場を端から端まで探す。ない。やっぱりない。朝の空気はもう冷たい。うっ。グスグス。また半ベソ。

事務所に戻り出荷担当者にいつ頃どこへおいたか、そちらに残ってないかと確認する。こちらへは残っていないという。

パスタくんが心配してどんな物か、どんな大きさか、型番までメモって探してくれる勢いだ。

パスタくん優しいなあ。ホンマにええ子や。もうすぐ何件か女の子紹介してもらえるみたいだし、もうそろそろ彼女の1人くらい出来ても良いだろう。

この子は大丈夫や。必ずもうすぐ可愛い彼女が出来る。出来ない訳がない。と、かーちゃん的思考に浸っている場合じゃない。

工場に来ている運転手さんをつかまえて、どこに物を置いたか案内してもらう。くまなく探したから無いと思うけどなあ。

ほら、ここにあるよ。と運転手さん。

!!!まじか!!こんなアッサリ!!

っていうか何じゃこりゃ?これ、これ、これは、ダメだろ!仕様が違うがな~涙

品物が見つかったがまた新たなトラブル。急いでセーサンカに電話。箱まで込みの図面になっていると思いますが、製品が裸です。と連絡。すぐに箱仕様にするように返品する。

とにかく来週のフライトには間に合うようだ。

ああ、良かった。空気の抜けた課の自転車で自分探しの旅に出なくても済んだ。

しかしなあ、昨日今日の忙しさと緊張でオラ疲れた。1日中テンション低いままで残業までしていく。

静かな事務所で腹が鳴りそうなので、隣の年齢不詳の主任に聞かれないようにするべく自分のすぐ後ろのコピー機に100枚超えの印刷をさせながら仕事をする。

いい子だ。大人しく?ガースカビースカ音を出しながら印刷をしてくれている。お腹の音どんとこい。

家に帰って疲れた時の野菜たっぷり味噌汁を作って食べて、後はソファでウトウトしよう。

広告を非表示にする