読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるいのがいい

かーちゃん、壁ドン知ってる?と息子が言う。こーしたり、あと、こー風にもするんだよ。と典型的な壁ドンと、片手で壁ドンもう片方の手で何だかわからないが頭を抱えている。

何だろ?後者のパターンは。もしかして格好つけているのだろうか。

私も負けずに、いや、壁ドンする前にね、まてよ!って手を捕まえてからの壁ドンがいいよ!と言ってやろうとするが笑えて出来ない。

本当はね待てよ!って後ろから抱きしめられるのがサイコーだよね!と息子を後ろから抱きしめると、息子に全力で気持ち悪い!!と言われる。

うむ。確かに。アホしてないで早くご飯を作ろう。

そういえば今日はカッチョ様から来月戻ってくる向かいの若君に私の仕事を振ってもらって、私は正社員の人々のサポートを重点的にやってもらおうかと思う、という話を打診された。

待ってくれ。向かいの若君の面倒を実質私が見なくてはいけない状況ではなかろーか。私は仕事が増えるのは一向に構わぬが、向かいの若君の面倒をみるのは去年1年で懲りた。

左さんはそんなの教えたら後はもう関わらないようにすればいいよ。と言う。そうかもしれない。彼の成長の為にはあえて突き放さなくてはいけない…なんていう逡巡はとっくの昔にやって結局タンマリたまった仕事が自分にふりかかってくるだけだった。

左さん直接関わってないから、簡単に言ってくれるが、難しいのだ、突き放すのも。

それに、私は美女や左さんが言うように正社員なのに、うちらより働かないなんておかしい。仕事出来ないなら辞めてもらうしかな
いよ、いらないよ、仕事出来ない人なんて。

という厳しい意見にはうなずけぬ。だって自分だって無能だもの。いつ切り捨てられてもおかしくない。

それなら向かいの若君が出来る範囲の仕事を振ってマルーク収まるのならそれで良い。

しかし心が重い。意外に皆さん厳しいな。能力や生産性でその人の有益性を測るなら、左さん、あなたも、昼間ゆっくりおしゃべりしながら仕事して夕方からお金稼ぎに残業していく事からも有益な人と思われないよ。

向かいの若君が復帰を許されるという事はそういう事も含めてうちらも色々許されているのだと気が付かないのであろーか?

私のような無能な人間が人を断罪すれば必ず自分の首も締められる事になると思うから私は何でもいいね!で世の中を生きる。そうすれば私もユルーク生きられるからな。



広告を非表示にする