終わりの日

今日はとてもよい天気だ。私的にはこのままたまったテレビを見ていたいのだが、3連休どこも子供を連れていってあげていない。

昼も過ぎているので、近場のコークーハクブツカンに行ってみる。

そういえば、あのアニメでもここの土地が出て来てたよな。私の若い時勤めていた会社も元をただせば戦時中ヒコーキの部品を扱い始めたのが会社の始まりだったよーな。

そういう訳でここにこういうハクブツカンがあるのか、なるほど。しかしいけないと思うよ。コークーハクブツカンの道路標識のすぐ近くにゴニョゴニョするホテルを建てては。

あ!ついたよー!と私が言うと、本当だ、あれだね、とホテルを指さす息子。ちがーわい。

中で紙飛行機を作ったり、私は宇宙服にコーフンしたりして楽しく過ごす。

今月末には基地のコークーサイもあるし、行ってみるかな。離着陸をみたいからエプロン?から見てみたいがものすごい轟音らしいから子供達にはちとキツイであろーか?

しかし戦闘機をこんなふうに思ってはあれだが、美しいな。

色々な動物達もそうだけど、目的の為に研ぎ澄まされると何もかも無駄がなくて美しい形になると思う。ヒョウとかジャガーとかチーターとかあの手の動物は本当に美しい。

家に帰りご飯を食べたら3連休も終わったなー、とガックシ。

しかし今年はお正月休みが10日もあるというではないか。どこへ行こうかな。青春18切符でとっくに青春を過ぎた私とまだ青春には届かない子供達とで西の菩薩祖父母の家をゴールにのらりくらりと旅したいが、子供達がなー、めっちゃ、猿モードになりそう。(つまりキーキー愚痴愚痴うるさい。)

まあ、時間はたっぷりあるのでゆっくり考えよう。



広告を非表示にする