読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モテルオレオサレナオレ

今日は実家の手伝いに午前中に行く。行く最中にそういえばヒヨコサブレの好きな左さんに、それなら美味しいサブレがあるから、今度買ってくるね、と約束したのを思い出す。

通りかかるとお店がもう開いているので、買って行く。うちのお母様が昔作ってくれた硬めの小麦粉の粉っぽさの残ったクッキーにとても味が似ているのだ。

実家につくと避妊手術を受けた飼い犬マロン様がちぎれんばかりに尻尾を振って出迎えてくれる。痛かったようで、まだ少し元気なさそう。

実は子犬を産んでもらってその子犬を飼いたいと思っていたが、沢山産んだ場合の引き取り手、それから純血腫として同じ種類のオス犬とかけ合せる手間とか考えると妹は面倒くさくなったようだ。

それにこの野生的な顔からはおよそ想像出来ぬが、100匹?200匹?いるかどうかの貴重な犬種、かけ合せが難しかったり近かったりで、子種のないオス犬もいるようだ。

マロン、あなたも飼い主(妹)と同じ伴侶なしの人生、いや犬生か。まあ、マロンも妹もそれで満足しているから、いいであろう。

手伝いを終えて家に帰ると気持ちよい青空&そよそよソヨ風様に誘われてグースカピースカ。久しぶりによく昼寝したわい。

帰ってきた息子がこんな早くにいる母親を見つけて嬉しかったのかどーなのか、ストーカーと化して、あのね、かーちゃん、それでね、かーちゃん、と戦国と戦争と武将の話しをペラペラペラペラと喋りまくり。

話題を変えるべく、好きな子とは話す?と聞く。

うーん?なんか?どっちかっていうと?めいさんから僕に話しかけてくるかな〜?

なんだ、このもしかして俺、めいさんに好かれちゃってるかもね?的なドヤ顔のセリフは。

男の子って目が合ったら俺のこと好きなのかもって勘違いしちゃう生物だと昔聞いた事があるけど、息子達見ているとシミジミ感じる、それは真実だと。

上の息子も、

Mちゃん、誰かに僕の事好きなの?って聞かれて走って逃げてったんだよ。恥ずかしかったみたい。

それでMちゃんと両思い、と思っている息子。かわいい。痺れるほどバカでかわいい。

女の子はね、そんなに単純でもないし、複雑な生き物だよ、息子達。まあ、せいぜいモテ男の夢を見て生きるがよい。本人達が幸せならそれで良いだろう。

夜はご飯を食べ片付けをしたら、今日たまたまお休みだった夫にむかって、あ、買物してくるの忘れてた!ちょっくら行って来る!と後を託し、お店へ。

ふむふむ。江戸っ子ちゃんの言う通りスタバには必ず文庫本片手にコーシー飲んでる人と、パソコンカチャカチャコーシー飲んでる人がいるな。

私もオサレにマネしてみたいが、私はものすごく集中して本を読みたい人なので雑踏の中はとても無理。パソコンに至っては持ち歩いてカチャカチャする程使い道がない。

しかし、ここで一つの大きな疑問がアタマをもたげる。オサレにあーしている人達はつゆ程もオサレにしていないつもりでアレをやっているのであろーか?

悪いが私がスタバでアレをやるとしたら、江戸っ子ちゃんと同じくオサレなオレ様をバリバリ意識してやっちまうな。

そして同じようにお酒が飲めたら居酒屋独り呑み文庫本片手、をオサレなオレ様的にやってみたいぜ。

そんな事を考えてブラブラしている内に時間が過ぎまくり。

あーあ、明日からまた仕事か。実は私は週の途中で休むのが一番気分的に向いてない。一度さあ1週間やるで!やるで!と、なった気持ちが一旦下降。それを、また再浮上させる事の大変さ。

はーあ、やる気なしの割には疲れてないから、長いな今日のブログは。