何とも無い日

出勤してくるとイクメンさんが、海向こうに行ってしまった事にあらためて気が付く。最後に話した会話が、向こうの人に、私は25才の可愛い女人だと伝えておいてくれ、と頼んだというアホっぽい会話だ。

元気でやってくれるといいなあ。しみじみ。

昨日は美容院で髪を染めたのだが、いつもより暗くと頼んだら、ほとんど黒になってしまった。

会社の左さんは、いいよ、その色。上品に見えるよ、といってくれた。褒められるとこそばゆいので、そうでしょ、いつも下品だから、とテレテレ照れ隠ししておく。しかし、実は少し魔女みたいだな、と思っていたのだが、よしとしよう。

昼前に業者の打ち合わせに遅れて参加。テキトーに質問に答えあとはポヤー。名刺の交換をしなければならないが名刺などパートの私が持っているハズもない。オロオロしていると隣のミノ様が、僕の名刺に付け足してアドレス書いておけばいいよ、と言って下さる。

うう。ありがてえ。

あーあ、だからこういう打ち合わせ出たくないんだよ。出た方がいいと言ってきた川くんを恨みます。

残業中親知らずが虫歯になって痛いパスタくんに、いつ歯医者行くの?と聞くとまだ予約していないと言う。

早く行かなきゃ行けないよ、頭とか痛くなるよ、と脅しておく。私は病院嫌いだが歯の痛みにはべらぼうに弱い。

少しでも痛みを感じようものなら1日と待てずに歯医者に駆け込む。

しかし、そうでなくても歯は大事だ。パスタくんも早く行くと良いのに。

家に帰りご飯をズダダダン!と作ってペロリと食べた後はスイッチオフになってしまいソファでゴロり。

明日はお休みを貰っているから、少しだけ夜更かししようかなあ。

広告を非表示にする