読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

凹み日

慌ただしく座って(遅刻気味だから)仕事を始める。美女が美女の隣の若君、私からは向かいの若君がまたお休みした事を教えてくれる。

あらら。最近突発的な休みが多い。大事な打ち合わせとかある日でも急に休んで、打ち合わせに来た他の課の人がめちゃくちゃビックリしていた事もある。ええー!!休みなの!!と。

面倒をみている係長もお疲れ気味だ。一人分の仕事をこなすどころではない。彼一人がいるだけで周囲の数人の仕事が増えるという、何だか不思議な体質。

美女が復帰する前は彼のお世話で私も疲労困憊状態だったが、今は美女が彼専門になってくれたので、有り難く残業ほとんどしなくて良い日々を送れるようになった。

しかし、美女は1歳児の母。ちょくちょく残業していく所を見兼ねた課長様がとうとう係長を専属で彼の世話係にするようだ。

うーむ。会社って、仕事するところと思っていたけどそうでもないらしい。面白いな。

仕事をしていると最近パパになったばかりの、通称イクメンさんが私の送った品物について聞いてくる。

どうやら検疫でストップがかかってしまった
らしい。他の急ぎの品物も止まってしまった
ようだ。

最悪検疫で引っかかった品物を廃棄するようだ。ハハハ!!急ぎで送ってくれと言われて一生懸命急ぎで手配して送ったんだけど!徒労に終わるってやつ?

なんだ、私も仕事してるようでしてないな。大体非生産的な事してるだけだ。向かいの若君の事をあーだこーだ言えないな。反省。

しかしもう少し私に知識があり素早い対処が出来るようになれればな…。非力で馬鹿で無知で嫌になってしまう。

あ、やべ。雨だからな、泣きそう…


広告を非表示にする