放課後

今日は出張者が多く課内はがらーんとしている。オマケにけしからぬ事に今日は正社員様はボーナス日であるらしく、ノー残業日。

ああ、この時期になると切々と後悔する。独身時代に正社員で勤めていた会社を辞めた事を。

ボーナス!ボーナスぽっちい!私に与えられたものは家でボーとナス食べる時間くらいだ。まあ、ナス好きだからいいけど。

夕方には雨が上がったので、おそらくしばらく会いに行けないので、自動倉庫バトラーに会いに行く。あら?また入れる品物が増えてる。萌える、じゃなくて燃える。また、入れに来なくっちゃね♡

家に帰り子供をプールに連れていく。上の息子がゴーグルを学校に忘れたようなので、取りに行く。

戻って来た息子に、好きな子の机に座ったか?リコーダー舐めたか?と聞く。息子はそんな事する訳ない!と全否定。

馬鹿な。放課後とはそういう事をする為の時間だよ?と言うと、息子に、じゃあかーちゃんは好きだった子にそうゆうことしたの?と切り返しを受ける。

ぐぬぬ。出来ませんでした。そうでした。

息子が急に、でも僕はもう娘の名前を決めている、とのたまう。美しい輪と書いてみりん、と付けるとのたまう。

ぷっ。笑ってはいけない。みりん、て調味料か。というか、娘の名前を決める小学5年生、ぷっ。笑える。

あ、あれ?でも同じだな。私も小学5年生の頃好きな子の双子の男の子を産んで名前は1字とって、タクトとナルトと付ける、と親に言って笑われたのだ。

指揮棒か!ラーメンの具か!と。

恥ずかしながらそういう妄想猛々しいところが息子にも遺伝してしまっているのだなあ。

息子とあの頃の自分が重なって、何だか可愛らしくて懐かしいや。

そういえば今日は江戸っ子ちゃんが社会復帰の日だが、どんなものだろう。まあ、楽しんでやっていけそうだろう。彼女なら。
広告を非表示にする