爺や

今日は朝からお喋りモードに入ってしまった。

夕方に子供のプールの為定時退社しようとおもっているので、すでにやる気がない。

おまけに夕方に急ぎでやろうと思っていた仕事を依頼者から明日でもいいです、と言われる。

明日でもの、でも、は今日やってもらいたいけど、でも、明日でもいいの意味合いだと思うが、パーセンテージでいったらやってもらいたい度はどちらが多いのだろう。明日か今日か。

遠慮なく私は明日にする事にするが。

しかし日本語は曖昧さを含んだ言葉が多い。つい最近あまりに曖昧すぎるlineを頂いて江戸っ子ちゃんに転送して、意味の解読を頼んでしまったくらいだ。どうやら江戸っ子ちゃんも解読不能のようだが。

お昼はお弁当作りをおサボりしたので会社の近くのコンビニへ行く。今日は自転車のレースをしているらしくコンビニの駐車場は交通整理のお巡りさんや関係者、応援者でいっぱいだ。

私もいつか見てみたいと思いつつ、毎年忘れてしまう。しかし今日のような炎天下を自転車で走り回るとは正気の沙汰とも思えぬ。

姫、我ら吸血鬼族には日光は大敵ですぞ、早く会社にまい戻りましょうぞ、と吸血鬼族の爺やが脳内でわたくしに話しかけるので、日光に震えながら会社へ戻る。

しかし私を姫と呼んでくれるのも脳内の吸血鬼の爺やだけになってしまった。今日初めて脳内に登場したキャラだが。

昼からは上階の課の残念イケメン通称子犬ちゃんの眉毛の薄さが気になり、なんでそんなに薄いのか思わず聞いたり、隣の課の何でも気がつき過ぎるメンズ、通称外国さんが急に伸ばし始めたヒゲが気になり、整えているのか聞いてみたりする。どちらのお答えも整えているというお答えだった。

なんだか結構メンズも洒落こいておるな。よく見ると。うむ。これは私も女人であるからにして化粧の1つでもして眉毛も整えなければいけないか?なんかメンズに負けている。

でもメンズが洒落こくのも悪くはない。パスタくんももう少し自分の顔を皆にアピールすれば良いのに、と思う。よく見ると整った顔をしているが全く自信を持っておらぬ。まあそれがパスタくんの良いところでもあるが。

プールの帰りに少し最近貧血気味なのが気になり鳥肝の煮付けを買って帰る。

姫、おいたわしや。鳥の肝などで代用などせずにちゃんと血を吸うのですぞ!

でも、爺や、現代はそんな事したら警察に傷害罪で捕まるから、わたくしは鳥肝で我慢します。

姫、なんと気の毒な〜!!

という妄想をしながら鳥肝を食べる。

美味しい。チーズみたい。

しめしめ、子供はこれ嫌いだから一人でゆっくり食べれるぞ。

こんな卑しい姫様はどこの世界にもいないがな。
広告を非表示にする