お泊り

仕事から帰って来て30分で夕御飯を作る。親子丼、野菜炒め、味噌汁。なんだかまとまりがない。

明日から息子が1泊2日で学校の野外学習だ。ご飯の後に急いで用意をしてあげようと思ったがほとんど自分でしてしまっている。明らかにわたくしより準備に余念がない。

わたくしは旅行というと行く寸前に必要最低限以下の用意しかしていかないので、旅先でいつも色々足りない。足りない事も旅の醍醐味、ま、いっか、ですぐどうでもよくなる。

しかし、私も小学5年生で学校に泊まったワクワクを思い出す。好きな子と1つ屋根の下だ、眠れる訳ないだろう。

トイレに行くと片思いのYくんもトイレに。確か鼻血が出ていたのだ、Yくん。今考えると彼も好きな子と同じ屋根の下コーフンして眠れなかったのだろう。

悲しい事にYくんの好きな子はわたくしの幼なじみSさんでMさん(わたくし)ではなかったのだが。それにしてもあの時のドキドキ感とかワクワク感とか懐かしい。

息子がもうあの時の自分と同じ年とは信じられない。ついこの間のように感じるのにな、ランドセル背負っていたのが(図々しいにも程がある)

そういえば江戸っ子ちゃんは少しYくんに似たところがあるのだ、と感じる。楽な方大多数な方ではないが自分の心の向く方へ進むというところが。

江戸っ子ちゃんは今日こちらの事務所の女人達に江戸帰って好きな事するから辞めます!と華麗に披露した。

決して楽な方ではないが江戸っ子ちゃん格好いいな。おまけに若くてかわゆいから、わたくしには眩しいくらい。

私も小学5年生からやり直せるなら一緒懸命勉強して研究とかしちゃって、それからあの時鼻血を出していたYくんにタオルを貸してあげて、好きだよ、と告白の1つでもするのにな。

息子は好きな子とお話するのかな。いっぱいいるといっていたから、まったくけしからんが。

まあ、とにかく楽しんでくるといい。


広告を非表示にする