優先順位

今日も1日ほとんどパソコン様から離れる事叶わぬ。あー、だめだ。ストレスがたまる。

ということで、仕事優先順位から行くと10番目くらいに位置しているが工場へ在庫の片付けに行く。

楽しいね、在庫片付け。棚番調べてうんこらしょどっこいしょと荷物を運んでグイグイ入れる。

しかし優先順位一番の仕事をポイしてする事でもないだろ、と自分にツッコミ。

40分ほどでストレス解消的仕事を終えてまた机に戻り優先順位6番目くらいの仕事をし始める。

おい、一番はいつやる気だ。と、また自分にツッコミ。

でも、あれだ、テスト勉強しなくてはならない時に急に机の汚さが気になって掃除してしまう、あの時の気持ちなのだ、今は。

優先順位一番の仕事は腰をすえてやりたい。それには雑多な仕事を綺麗に片付けるべし、と、私の脳内の、目の前の現実から目を逸らす方法3か条にそう書いてある。

ついでに残りの2項目は、だれかれ構わず軍服を着せる妄想に走る、所構わず寝る、である。

夕方、定時で帰らなければいけないので帰宅1時間30前に優先順位一番の仕事にとりかかる。段取り通りいけば1時間で済むだろう。

が、そういう時に限って品物に不備がおこる。業者に問い合わせると、図面見て確認してくれや、との事。気軽にオケー。任せな。と言ったもの、図面見てもサッパリ醤油味、じゃなくてサッパリわからん。

スケールを借りて縦にしたり横にしたり計測するが、数字にからきし弱いわたくし、平面図を立体に出来ないわたくし、ほとんどスケールと遊んでいるだけである。

遊んでくれてありがとう、スケールさん、じゃなくて、もう帰る時間。

明日はお休みをもらっている。この仕事は金曜日朝10時までには決着をつけねばならぬ。

う、うむ。なんとかなるだろう。

結局テスト前のテスト勉強をせず毎回机の掃除だけで満足して大人になってしまった私らしいといえば私らしいが、いかんだろ。

何事もトラブル発生時の遊び的時間を含めて仕事の段取りをせねばならぬ。だがしかしそんな事が出来ているなら毎朝遅刻スレスレで通勤するなどという綱渡りをするハズがない。

綱渡りはサーカスの芸人に任せて、もう少し時間に余裕のある生活を送るようにしなければな。




広告を非表示にする