かぐわしき城

すっかり日が高くなった頃に起床。バンパイアにはちとキツイ日差し。棺桶(またの名を布団)に戻りたいところを、城へ行くという目的がかろうじて、わたくしを人間にとどめておいてくれる。

LINEで姉から、私も城へ行きたい、との連絡。おーけー、準備できたらおいでんしゃい、と連絡しておく。

私も姉もあまり行動が早い方ではないので、昼前にやっとこさ城へむかって出発。

ブンブン車を走らせている間にも、姉と私の会話が大声を出さなければ聞こえない程の子供達の騒ぎっぷり。

最早猿輸送車と大差ない。

うぎやー!!うきやー!!うききききいー!

調教師のゆうこともほとんどきかず、猿どもが騒ぎまくる。

猿たちを叱りとばし、車も飛ばして、目的地到着。

車から降りてすぐに猿たちの喧嘩が勃発。チビ猿が剣を持って歩くのが、一緒に歩いていて恥ずかしいから、やめろ、小3にもなって剣を持つなんてやめろ、とデカ猿がしつこくお怒りになっている。

猿どもの喧嘩をなだめて城へ向かうと、デカ猿が木刀をみつけて、かーちゃん、これ買って、とおっしゃる。先ほど剣を持って歩く弟の姿が恥ずかしいとブチキレていたお方の言葉とも思えぬ。

小5にもなって剣を持って歩くなんて恥ずかしい、と言ってあげたいがそこは黙って買ってあげる。子供の日だし、男の子の日だしな。

お城の場所へ到着するとゆるキャラのネコさんが暑い中撮影会を開いている。かわいい!とか言われいるが、わたくしは中の人が暑いだろうなあ、大変だなあ、意外に汚いなあ、と思いながらも一応写真に撮っておく。

40分程待ってからお城の中へ入ると、う、うぐ、これは、あれだな、うん。

暑い中汗かきかきしたお足の頑張ったお足の、土足禁止だから、お靴脱いだお足の、かぐわしいかほりが…。

なんというか、そこはかとなき納豆臭?

いけない。臭いの記憶は残りやすい。せっかく素敵なお城に来たのに納豆の臭いが一番の思い出になったら困る。

まあ、隣県のお城へ行った時の一番覚えている事といえばグラスを持って写真におさまっている城主のドヤ顔だけどな。そんなもんだ。

お城は面白かった。

帰路につきスーパーで買い物を済ませて車に戻ると、猿どもが暴れ回っている。

車の中は、うっ。頑張って暴れ回った猿どもの頑張ったかほりがする。

そこはかとなきヨーグルト臭?

すっぱい。

素敵なお城の1日がかぐわしきかほり達に凌駕されそうだ。

でも今日はお城スタンプラリーの2個目を押せた。11月までに5個は押したいな。

今度は東隣のお城へ行ってみようかな。まずは、国宝から攻めていこう。城は攻めるもの、カレーは飲み物、バナナはおやつ、と決まっている。

いざ、出陣!という気持ちでまたお城廻りでもしよう。
広告を非表示にする