決意

今日で4月も終わり。日差しが強くなってきた。4月からは朝余裕を持って出勤する、それから残業はしない、という決意は決意だけで終わった。

今日も駐車場に着くと爆発まであと数十秒、でも日差しは強いから、吸血鬼のわたくしは日傘を差す時間は惜しまない。傘を差しながらもうダッシュ。

隣のトトロのコマに乗っかり傘を差して空を飛ぶあのシーンみたいに勢い良く走る。

なんか、滑稽。ハアハア息を切らしながらタイムカード、ピッ!

あ、明日こそは、もうちょっと早く出勤しよう。毎日決心している事を今日も新たに決意す。

仕事はもうGWモード。というか、もうGWに入っているところも多いのだったな。まったく、けしからん。そんなに休んだら2度と出勤したくなくなるだろうよ、きっと。

そんなGWモードなので仕事中も少々居眠り。それから工場の方へ出向いている隣の隣の若君にピッチで電話をかけると、音が重なって聞こえる、というか、左耳の受話器でない右耳の方からも声が聞こえる、あれ?おかしくね?受話器を離して戸惑う。

実のところはおかしくもなんともない。若君いつの間にか右隣の席に戻って来ている。

隣の隣にいる人と電話を通して話すなんて、なんかコントみたい。赤面。

まあ、以前など何をとち狂ったか外線電話でお客さんにかけたつもりが、うちの課の外線にかけていて、課の人が出た時はしばしの混乱の後、恥ずかしさでトマトくらいは赤くなっておったがな。

そうこうしていると、隣の課の若君が、

いや、感心するは。今日あんなにギリギリに来ているのに、傘をそれでもあんな状況で開いて走るなんて、すごいな、ホント。

と、ニヤニヤ笑いながらおっしゃるではないか。

恥ずかしい。大体自分でも滑稽だと思っている行動を誰かに見られていたのだと思うとトマトが腐る程の赤面。

やっぱり、本当に明日からはもうちょっと早く出勤しよう。

ただでさえ人より恥ずかしがり屋なのだ恥ずかしい行動は控えなければ。

でも、GWまであと一日だしな。GW明けから早く出勤する事にしよう。一応決意。


広告を非表示にする