タマゴを待つ

わーい、快晴。青い空は気持ちよかばい。

そして今日はとうとうオギャー!!産まれたー!!私とオダギリジョーの子が!!ではなく、課の向かいの隅っこの若君、通称すみくんとしよう、に第一子が生まれたのだ!!

はあー、めでたいなあー、いいなー、いいなー、赤ちゃん欲しいなあ。3人産んだけど赤ちゃんはホンマかわええ。(見てるだけなら)

連れてきておくれ?と言っても笑顔で何でやねん、と流される。もう、ケチなんだから。
たまには子供を背負って出勤も許される会社ないかしら?

席替えで向かいから左斜めのお方になった、通称左さんが、隣の隣の若君、通称トトロに結婚とか出産のお祝いが出来るのはいつだろうかね?と私につぶやく。

トトロはまだすっごく若い。でも、そうだなあ、3年後くらいですな。と勝手に決めておく。トトロに赤ちゃんが産まれたらすみくんよりは私の強引な欲求をきいてくれて赤ちゃんを見せてくれるかもしれぬ。

そうだ!結婚しない妹の産まれる事のないベビーを待っていても仕方がない。お友達の江戸っ子ちゃんやトトロの方が確率が高い!!

若者達にプレッシャーをかけないよう気長に、そうだなあ、10年はまってあげようじゃないか(上から目線)

とにかくプレッシャーをかけないようにしないとな。今期増やそうと思っているメダカさん達にもプレッシャーを与えないよう、卵まだかなあ?と覗きたいのを我慢しているのだ。

メダカの卵が待てて、人間の卵が待てないという事もなかろう。いや、人間の方が繁殖は難しい。同じ水槽に5、6匹入れとけば夏の終には100匹くらいは子供をこさえる恋愛体質のメダカと違って、人間は同じ水槽に数匹入れておいても、全く増えやしない。(入れてないけど)

とにかく、可愛いメダカの行く末を気長に眺めようとするか。うむ。

あれ?今日もほとんど一日の出来事を記す事が出来なかったなあ。

広告を非表示にする