とある雨の日の金曜日

今日は金曜日である。今週一週間ほとんど雨であった。そいで、金曜日の今日も雨である。

ちっ、と思うが、地球は恵まれてるよな。ちっ、て思ってくれる生命体が棲んでるのだから。

大概の惑星はちっ、と思ってくれる生命体がおらんじゃろ。いや、見たことも、確かめたことも、ついでに、じゃろってなんじゃろ、って何もかもわからないが。

仕事はボチボチす。独り言もお腹の音も盛大に隣の年齢不詳な主任に聞かせながらの仕事はなかなか辛いものがある。

後ろの席にいる同じ団地妻仲間のパートさんにも、○○さんは独り言が多いね、と笑われる。

隣ならまだしも後ろの席、結構離れ気味の人にも聞こえているのか。なんだか恥ずかしすぎて、赤面す。

それから消しゴムを取りに来た人が消しゴムがないとおっしゃるので、私の使いかけの消しゴムをあげる、と言うも、丁重にお断りされる。

しかし、私のところには使いかけの消しゴムが食うほど集まってくる。自分でおろしたのは1個だけなのにいつのまにやら、4個になっている。

どうやら私の引き出しは不思議なポケットより不思議な消しゴムの増える引き出しなのかもしれない。

そう言えば、うちの玄関にも不思議なことにうちの子の傘はドンドン減るのに、買った覚えのない傘が3本ほどあるのは何故だ?

子供に聞いても知らぬ存ぜぬ。おそらくはうちは子供のたまり場になっているので、来たお友達がふつーに忘れていくのだろう。そして、お友達が傘持ってきてたかどうかも全然覚えてないうちの子供達。特に息子達。

男の子って、馬鹿だなー。傘持って来たことも、傘忘れたことも、忘れているのだろうなー。

お友達のトトロもそれっぽいもんなあ。なんでもすぐ忘れて、ボヘーとしてるもんなあ。

って、私こそ送る品物忘れて今日はトトロに尻拭いをしてもらったのだった。いけね。反省。

今日は夜は向かいのお方とまた別の団地妻仲間のお方にご飯に誘われてご飯に行った。行く前に店を間違えて20分程遅刻してしまったが。似たような名前つけないでよね、プン。と、よく人の話聞いてない自分を棚上げ。

食べ始めると、頑張ってゆっくり食べたのに、ダントツのぶっちぎりの1位でゴール。な食べ速度。

江戸っ子ちゃんと食べているとその点気にしなくていいのでべシャリに夢中になれるが、今回はゆっくり食べる事に腐心していたので、べシャリに乗り切れず。

こんなに苦労してゆっくり食べたのに、それでも一番に食べ終わるってどうゆう事?

でもお高いだけあって美味しかった。

しかし、また行こうね。と誘われたがあまり変態話も出来ぬし、ゆっくり食べるのがストレスで味がよくわからんがな。今度はのらりくらりとかわしておこう。

やはり、ご飯は私が変態だと分かってくれている、姉妹や腐れ縁4人組や江戸っ子ちゃんやトトロと行くのが気兼ねなく行けて楽しいY。

しかし、美味しかったが少々お肉が胃に重たいがな。やっぱり年寄り的胃腸にしっかりフレンチはキツイばい。いや、メインを魚にすれば良かったし、皆につられてパンを欲張っておかわりしたのがダメだったのだ。

あー、重い。重いついでにまぶたも重い。

おやすみなさい。ぐー。