確率

私はこの日記を書く前に10年日記を3、4日溜めて書くという、こんなダイアリーアリ?な日記をつけていた。

ということで、初心にかえり今日(4月10日)お昼休み、2日分の日記をつけはじめる。

えーと、やばいな、昨日は夜の出来事は思い出せるが、昼の出来事がぼんやりだ。

そうそう、仕事の引き継ぎをするハズが、美女を向かいの若君にとられて思うように進めていられないのだった。しかし美女は大変人気があるので復帰を喜ぶ面々、メンメン達が、挨拶にいらっしゃって、どっちみち大した引き継ぎができない。

まあ、いいか。しかしここである妄想が頭をもたげる。わたくしが同じように産休明け(おそらくその場合オダギリジョーとの子である事を切望、やだ♡4人目にしてジョーの子が出来ちゃった♡的な?)で1年ぶりに職場に復帰をしたとして、誰かヤンヤヤンヤ言ってくれる人がいるのだろうか?

うん。いないな。即答。絶対にいない。くそーー!!天は美女の上に凡人を作らず美女の下に凡人を作るのだな!

しかし、美人は得だよな。

といえば、今日、いや、正式には昨日、いや、昨日の気持ちで書いてるからやっぱり今日、江戸っ子ちゃんに、私は言ったのだ。

美人は美人すぎて男の人が近づき難いのでなかろうか?と。私などすぐに砕けた扱いになって石ころ以下の扱いになってしまうものなあ。

だからして産休明けにヤンヤヤンヤ言ってもらえる確率ゼロ%。そもそもオダギリジョーの子生む確率がゼロコンマ、の後に死ぬほどゼロが続いた後に1?みたいな?

でも、同じ人間のメスとオスだからして、まったくのゼロではないハズだ。いや、誇大妄想するくらいの権利は残されているハズだ。

ああ、私が今みている海外ドラマの天才数学者にその確率を出していただきたい。

そんな下らない事考えているから、今日も少々残業す。

よし、昨日の日記はこれくらいで良いだろう。さて、今度こそ、今日の日記を書くとしよう。
広告を非表示にする